コビトカイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コビトカイマン
コビトカイマン
保全状況評価[1][2]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: ワニ目 Crocodilia
: アリゲーター科 Alligatoridae
: コビトカイマン属 Paleosuchus
: コビトカイマン P. palpebrosus
学名
Paleosuchus palpebrosus
(Cuvier1807)
英名
Cuvier's dwarf caiman
Paleosuchus palpebrosus Distribution.png
分布

コビトカイマンPaleosuchus palpebrosus)はコビトカイマン属に分類されるワニの一種。

分布[編集]

エクアドルガイアナコロンビアスリナムブラジルフランス仏領ギアナ)、ベネズエラペルーボリビアアマゾン川オリノコ川流域、パラナ川上流域[3][2]

形態[編集]

最大全長172センチメートル[4]。アメリカ大陸のワニ目の構成種としては最小種。口吻側面が強く傾斜する。後頭部を覆う大型鱗の列(後頭鱗列)は2列[3]

生態[編集]

魚類、無脊椎動物を食べると考えられている。13個の卵を産んだ例がある[3]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CITES Appendices I, II and III”. 2015年2月21日閲覧。
  2. ^ a b Crocodile Specialist Group (1996年), Paleosuchus trigonatus, IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3. (International Union for Conservation of Nature), http://www.iucnredlist.org/details/46587 
  3. ^ a b c 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、154頁。
  4. ^ 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ2 アマゾン』、講談社2001年、93頁。

外部リンク[編集]