コバシハワイミツスイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コバシハワイミツスイ
コバシハワイミツスイ
コバシハワイミツスイ Loxops coccineus
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: ハワイミツスイ科 Drepanididae
: Loxops
: コバシハワイミツスイ
L. coccineus
学名
Loxops coccineus
(Gmelin, 1789)
和名
コバシハワイミツスイ
英名
Akepa

コバシハワイミツスイLoxops coccineus)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ハワイミツスイ科に分類される鳥。

分布[編集]

  • L. c. coccineus

アメリカ合衆国ハワイ島固有亜種

  • L. c. ochraceus

アメリカ合衆国(マウイ島)固有亜種(絶滅?)

絶滅した分布域[編集]

  • L. c. wolstenholmei

アメリカ合衆国(オアフ島)固有亜種

形態[編集]

全長10cm。

  • L. c. coccineus

オスは全身が赤い羽毛で覆われる。翼や尾羽の羽毛は黒く、羽縁は赤い。メスは全身が赤褐色の羽毛で覆われる。

  • L. c. ochraceus

オスは全身が緑がかった黄褐色の羽毛で覆われる。翼や尾羽の羽毛は黒褐色で、羽縁は黄色い。メスは全身が緑褐色の羽毛で覆われる。

分類[編集]

アケキを本種の亜種とする説もある。

  • Loxops coccineus coccineus (Gmelin, 1789)
  • Loxops coccineus ochraceus

絶滅亜種[編集]

  • Loxops coccineus wolstenholmei

生態[編集]

森林に生息する。小規模な群れを形成し生活する。

樹冠部で採食を行う。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊などにより生息数は激減している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』、講談社2001年、111、229頁。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「コバシハワイミツスイ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類