コト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
平仮名
文字
片仮名
文字
字源 コトの合字
JIS X 0213 1-2-24
Unicode U+30FF
言語
言語 ja
ローマ字
発音
IPA koto
種別

(こと、U+30FF)は、片仮名「」と片仮名「」を組み合わせた(合字片仮名合略仮名)のひとつ。「こと」と発音される。

近世から近代の日本で使用されており、「事」の意味で使用される動詞の後の名詞で用いられる。(〜スル

普通、縦書きにて字の尾の部分が縦に長い形で書かれる。

使用例[編集]

「僕ハ迚モ君ニ再会スルハ出来ヌト思ウ。」『『吾輩は猫である』中篇自序』(夏目漱石)の正岡子規の手紙文[1]

に関わる諸事項[編集]

  • 文字コードとしては、2000年に日本工業規格JIS X 0213符号化文字集合に追加され、Unicode 3.2にも追加された[2]
  • この文字の平仮名版(Ligature hiragana koto.gif)もあるが、コードを設定していないため、現在はPC上でテキストとして表示することはできない。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+30FF 1-2-24 ヿ
ヿ
コト

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『『吾輩は猫である』中篇自序』:新字新仮名 - 青空文庫
  2. ^ The Unicode Standard, Version 3.2 (PDF)” (英語). Katakana Range: 30A0-30FF. Unicode, Inc. (2002年3月). 2012年8月3日閲覧。

関連項目[編集]