コテングコウモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コテングコウモリ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg

絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト
Status jenv VU.png
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 翼手目 Chiroptera
: ヒナコウモリ科 Vespertilionidae
: テングコウモリ属 Murina
: コテングコウモリ M. ussuriensis
学名
Murina ussuriensis Ognev, 1913
シノニム

Murina silvatica Yoshiyuki, 1983

和名
コテングコウモリ
英名
Ussuri tube-nosed bat

コテングコウモリ(小天狗蝙蝠、学名:Murina ussuriensis)は、哺乳綱コウモリ目(翼手目)・ヒナコウモリ科テングコウモリ属に分類されるコウモリの一種。ニホンコテングコウモリ(Murina silvatica)として別種とする意見もある。

分布[編集]

シベリア東部、サハリン千島列島朝鮮半島、日本(北海道本州四国九州屋久島対馬)に分布する[2]

特徴[編集]

前腕長29-33mm、頭胴長41-54mm、尾長26-33mm、体重3.5-6.5gで、テングコウモリよりも小さめの体をしている[2]。体色は黄茶褐色で、管状の鼻孔をもつ[2]

樹洞を昼間の隠れ家とするほか、洞窟や家屋の中でも発見されている[3]。雪の中にうずくまって休眠する姿も観察されている。また、アカメガシワなどの巻いた枯れ葉の中で休眠するほか、人工ねぐらをよく利用する[4]

飛んでいる昆虫や葉の上にいる昆虫も食べる。

保全状況評価[編集]

多くの都道府県のレッドデータブックにも掲載されている。

  • 北海道:希少種 (R)
  • 青森県:重要希少野生生物(Bランク)
  • 岩手県:Cランク
  • 宮城県:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
  • 秋田県:絶滅危惧種Ⅱ類(VU)
  • 山形県:情報不足(DD)
  • 福島県:希少(D)
  • 茨城県:絶滅危惧種(E)
  • 栃木県:絶滅危惧Ⅱ類(Bランク)
  • 群馬県:注目
  • 埼玉県:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
  • 神奈川県:絶滅危惧I類(CR+EN)
  • 新潟県:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
  • 富山県:希少種
  • 石川県:準絶滅危惧(NT)
  • 山梨県:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
  • 長野県:情報不足(DD)
  • 岐阜県:準絶滅危惧
  • 静岡県:情報不足(DD)
  • 愛知県:絶滅危惧ⅠA類(CR)
  • 三重県:情報不足
  • 滋賀県:要注目種
  • 京都府:絶滅寸前種
  • 奈良県:絶滅危惧種
  • 島根県:準絶滅危惧(NT)
  • 広島県:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
  • 徳島県:準絶滅危惧(NT)
  • 愛媛県:情報不足(DD)
  • 福岡県:情報不足(DD)
  • 長崎県:情報不足(DD)
  • 宮崎県:情報不足(DD-1,2)
  • 鹿児島県:絶滅危惧Ⅱ類

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Tsytsulina, K. 2008. Murina ussuriensis. In: IUCN 2012. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2012.1. Downloaded on 25 August 2012.
  2. ^ a b c 阿部永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎悟・米田政明 『日本の哺乳類 改訂版』 東海大学出版会2005年7月20日ISBN 4-486-01690-4
  3. ^ 小宮輝之 『フィールドベスト図鑑 日本の哺乳類』 学習研究社2002年3月29日ISBN 4-05-401374-0
  4. ^ 谷岡仁, 2013. 四国山地におけるコテングコウモリ Murina ussuriensis の人工ねぐら利用. 四国自然史科学研究, (7): 16-31.

外部リンク[編集]