コチャニ・オルケスタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コチャニ・オルケスタル
ベイルートと共演するコチャニ・オルケスタル
ベイルートと共演するコチャニ・オルケスタル
基本情報
出身地 コチャニ, マケドニア
ジャンル バルカン・ブラス・バンド
バルカン音楽
ジプシー[1]
活動期間 2006-present
レーベル Crammed Discs
Divano Productions
共同作業者 ベイルート
公式サイト http://www.divanoprod.com/ViewPage.aspx
メンバー

Saban Jasarov
Redzai Durmisev
Nijazi Alimov
Sukri Zejnelov
Suad Asanov
Ajnur Azizov
Durak Demirov
Turan Gaberov
Sukri Kadriev
Dzeladin Demirov

{{{Influences}}}

コチャニ・オルケスタル(Kočani orkestar、マケドニア語Кочани оркестар) は、マケドニアコチャニ出身の、ロマ音楽のブラスバンドである。Kocani orkestarKocani OrchestraKochani orkestarKochani Orchestra などとも表記される。2000年までナート・ヴェリオフ(Naat Veliov)がリーダーだった。 コチャニ・オルケスタルは、かつてのユーゴスラビア全域に見られた、バルカン・ブラス・バンドの様式を持つグループの中でも、非常にファンキーなバンドのひとつである。また、往年のトルコ軍のバンドが演奏していた音楽を直接受け継いでいる。彼らは、マケドニアの都市コチャニ出身である。彼らの音楽は、バルカン半島の各地に伝わるジプシーの旋律とトルコのリズムを基本としつつ、ラテンの要素も取り入れている。

彼らの曲「Siki, siki baba」は、カザフスタンの音楽とは何の関係もなかったが、映画Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstanサウンド・トラックで使われた。ナート・ヴェリオフは、ロマの歌手エスマ・レジェポヴァ(Esma Redžepova)と共に、曲の不正使用に関して、この映画のプロデューサーに対する訴訟を起こしている[2][3]

ディスコグラフィー[編集]

  • ジプシーのブラスバンド(A Gypsy Brass Band) 』(1995年)
  • L'Orient Est Rouge 』(1998年)
  • ジプシー・マンボ(Gypsy Mambo) 』(1999年)
  • Ulixes 』(2001年)、ハルモニア・アンサンブル(Harmonia Ensemble)との共作
  • ひとりぼっちの結婚式(Alone At My Wedding) 』(2002年)
  • 夢中の花嫁(The Ravished Bride) 』(2008年)

メンバー[編集]

演奏するコチャニ・オルケスタル

参照[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.welove-music.net/2009/11/kocani-orkestar-gypsy-brass-band.html
  2. ^ http://www.imdb.com/title/tt0443453/faq#.2.1.6
  3. ^ http://www.crammed.be/index.php?id=37&rel_id=123
  4. ^ http://www.divanoprod.com/ViewPage.aspx Main page -> Kocani Orkestar -> the group

外部リンク[編集]