コズメ・トゥーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コズメ・トゥーラ『春』(1460年頃)
スキファノイア宮殿の壁画の一部(1469年 - 1471年)

コズメ・トゥーラまたはコジモ・トゥーラIl Cosmè or Cosmè Tura, aka Cosimo Tura, 1430年頃 - 1495年)は、イタリア初期ルネサンス(またはクアトロチェント)の画家フェラーラ派を作った一人と考えられている。

生涯[編集]

トゥーラはフェラーラで生まれた。パドヴァのフランチェスコ・スクァルチォーネの弟子となり、後にボルソ・デステならびにエルコレ1世・デステ両公の庇護を受けた。1460年にはフェラーラ宮廷から俸給を受けていた。弟子たちの中には、フランチェスコ・デル・コッサフランチェスコ・ビアンキがいた。また、トゥーラの作品には、アンドレア・マンテーニャピエロ・デラ・フランチェスカのクアトロチェント様式の影響が明らかである。

作品[編集]

フェラーラで、トゥーラといってまず名前が挙がるのはスキファノイア宮殿フレスコ画(1469年 - 1471年制作)である[1]。この宮殿は(外観や構造はさほど有名ではないが)エステ家の別荘で、中世の町の城壁の外に位置していた。トゥーラはフランチェスコ・デル・コッサと共に、12ヶ月と占星術記号が入り組んで表現された寓意的連作壁画を制作した。この中には、牧歌的にパレードする楽士たち、労働者たち、カーニヴァルの山車も描かれている。また、ピエロ・デラ・フランチェスカの世界さながらの無表情な人々も粉をひいている。

他にも、ドゥオーモのオルガンの扉には『受胎告知』を描いた(1469年)。レオネッロ・デステの教室のために合作したミューズ(詩神)連作の中には、現在ロンドンナショナル・ギャラリーにある、カリオペの姿を描いた『春』が含まれる。ちなみに、どの絵が誰の絵か議論されていた頃には、Maccaginoことアンジェロ・ディ・ピエトロ・ダ・シエナ、アンジェロ・パラッシオ、ミケーレ・パノーニオではないかとも言われていた。

代表作[編集]

参考文献[編集]

  • Haldane Macfall, History of Painting: The Renaissance in Venice Part Two, page 34, ISBN 1-4179-4507-9

外部リンク[編集]