コストラーニ・デジェー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コストラーニ・デジェーKosztolányi Dezső 1885年-1936年) は、 ハンガリーの著名な 詩人小説家ジャーナリスト

生涯[編集]

1885年オーストリア・ハンガリー帝国の一部であり、現在は セルビア北部に位置する スボティツァ(Szabadka、Subotica)に生まれた。この街は、彼の小説「Skylark」や「Golden Kite」の舞台となる架空の街"Sarszeg"のモデルとなっている。ブダペスト大学在学中に、バビチ・ミハーイユハース・ジュラの二人の詩人と知り合った。ウィーンに短期間滞在した後、大学を中退、ジャーナリストとなった。これ以降、生涯ジャーナリストを職業としている。

1908年パリに去った詩人アディ・エンドレの後を継ぎ、「ブダペシュト日報(Budapest Naplo)」の記者となった。そして1910年、最初の詩集である「The Complaints of a Poor Little Child」が国内で成功を収める。これ以降旺盛に作品を作り、ほぼ毎年本を出版することとなった。

1936年喉頭癌のため死去。

作品歴[編集]

ハンガリーの文芸復興に非常に重要な役割を果たした文芸雑誌、「ニュガト(Nyugat)」(ハンガリー語で"西"の意)が1908年に創刊されると、コストラーニは早くから同誌に詩を寄稿し、"ニュガト第一世代"の一翼を成した。

1920年代初めより「Nero」「Bloody Poet」「Skylark」「The Golden Kite」「Anna Edes」といった小説、散文作品を書き始める。ちなみに「Bloody Poet」のドイツ語版においてはトーマス・マンが序文を書いている。1924年には、初期作品を彷彿とさせる韻文の作品集「The Complaints of the Sad Man」を出版。

また、コストラーニはハンガリーにおける文学翻訳の先駆者でもあり、シェイクスピアの「冬物語」やキャロルの「不思議の国のアリス」などをハンガリー語に翻訳した。

日本語に翻訳された作品[編集]

  • 石膏の天使
    • 徳永康元
      • 『世界短編名作選 東欧編』(新日本出版社 1979.9)
  • 水浴
    • 徳永康元訳
      • 『新・ちくま文学の森 6 いのちのかたち』(筑摩書房 1995.2)
      • 『青ひげ公の城―ハンガリー短編集』(恒文社 1998.2)
      • 『深海の放浪者―ハンガリー短編小説集』(恒文社 1966)
  • 幼稚園
    • 岩崎悦子
      • 『トランシルヴァニアの仲間―ハンガリー短編集』(恒文社 1997.5)
      • 『ハンガリー短篇集 1』(大学書林 1985.3)
  • ありふれた市電車中のぞっとするような描写

親族[編集]

従弟に作家、音楽批評家、医師のチャート・ゲーザ(Csath Geza)がいる。

外部リンク[編集]

ハンガリー政府観光局HP

  • フレーム左メニュー“ハンガリー文学紹介”より、コストラーニの短篇「ありふれた市電車中のぞっとするような描写」が読める