コスチェリョヴォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯55度55分52秒 東経39度37分19秒 / 北緯55.9311度 東経39.6219度 / 55.9311; 39.6219 コスチェリョヴォ(コスチェリョーヴォ、ロシア語: Костерёво, 英語: Kosteryovo)はロシアヴラジーミル州南西部の都市。メシュチョラ低地の北縁にありクリャージマ川の左支流リプニャ川に沿う。州都ウラジーミルからは西へ52km、最寄りの都市ペトゥシキの9km東。人口は9,608人(2002年国勢調査)。ペトゥシキ地区に属する。

1890年、モスクワ-ウラジーミル-ニジニ・ノヴゴロド間の鉄道(1862年開通)にコスチェリョヴォ駅が開業したとともに集落が誕生した。この駅は近くのガラス工場のために開設された駅で、駅名は工場主のI.I.コスチェリョフにちなんでいた。1894年織機修理工場が操業し、1912年にも別の織機部品工場が開設された。この工場の発展とともに町も大きくなり、1939年都市型集落となり、1981年に市の地位を得ている。

コスチェリョヴォには現在も織機工場のほか、製材所、プラスチック製品工場などがある。鉄道のほか、モスクワ-ニジニ・ノヴゴロド-カザン-ウファ間の高速道路M7が市街地の北を通る。

外部リンク[編集]