コスタ・マリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Club Harmony leaving Kobe Port 20120809-001.jpg
経歴
名称: Axel Johnson (1969-1987)
Regent Sun (1986)
Italia (1987)
Costa Marina (1988-2011)
Harmony Princess (2011-2012)
Club Harmony (2012-present)
所有者: Carnival Corporation & plc (1988-2011)
Polaris Shipping (2011-present)
運用者: コスタ・クルーズ (1988-2011)
Harmony Cruise (2012)
船籍: イタリアの旗 イタリア, ジェノヴァ (1988-2011)
マーシャル諸島の旗 マーシャル諸島 (2011-present)
建造所: Wärtsilä Turku Shipyard
Turku, Finland
建造番号: 1169
竣工: 1969
取得: 1969
母港: ジェノヴァ
識別: コールサイン: IBNC
IMO番号: 6910544
MMSI no.: 247818000
現況: To be broken up
注記: [1]
仕様諸元
トン数 25,500 GT
6,121 DWT
長さ: 571.8 ft (174.3 m)
幅: 84.6 ft (25.8 m)
喫水: 0.01 m (0.39 in)
デッキ数: 8 (passenger-accessible)
速力: 20.5ノット (38.0 km/h; 23.6 mph)
搭載能力: 1,005名
乗組員: 400
注記: 建設中

コスタ・マリーナ(Costa Marina)は、クルーズ客船の1つ。現在は、ハーモニー・クルーズクラブ・ハーモニー(Club Harmony)として運営している。1969年フィンランドトゥルクにあるバルチラの造船所で建造され、アクセル・ジョンソン(Axel Johnson)として運行していた。1986年にはリージェント・クルーズに売却され、リージェント・サンと船名を改め、それまでコンテナ船だった船をクルーズ客船へ改装した。しかし、リージェント・クルーズはわずか1年で船を手放し、所有者はコスタ・クルーズとなる。コスタ・クルーズでは、当初イタリアとして運営されていたが、1988年にコスタ・マリーナと改名されている。

本船は、コスタ・クルーズ時代が最も知られているが、2011年11月に韓国初のクルーズ会社となるハーモニー・クルーズに売却される。同社は、当初ハーモニー・プリンセスと発表していたが、後にクラブ・ハーモニーとすることが決定されている。

脚注[編集]

  1. ^ Advanced Masterdata for the Vessel Costa Marina”. VesselTracker (2011年). 2011年8月31日閲覧。