コスタンティノ・ロッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コスタンティノ・ロッカ
Costantino Rocca Golf pictogram.svg
Constantino Rocca.JPG
基本情報
生年月日 1956年12月4日(57歳)
出身地 イタリア・ベルガモ
身長 175cm
体重 87kg
利き手
成績
優勝回数 欧州ツアー・5勝
初優勝 1993年リヨン・オープン
世界ランク最高位 18位(1996年)
賞金ランク最高位 4位(欧州・1995年)
テンプレートを表示

コスタンティノ・ロッカCostantino Rocca, 1956年12月4日 - )は、イタリアベルガモ出身のプロゴルファーである。イタリア人のプロゴルファーとして、唯一ライダーカップヨーロッパ選抜チーム代表選手に選ばれた経験を持つ、当地最大の選手である。ゴルフのメジャー大会でも2度優勝争いに加わったが、1995年全英オープン1997年マスターズで優勝を逃した。ヨーロピアンツアーで通算5勝を挙げ、ライダーカップには1993年1995年1997年の3度出場した。身長175cm、体重87kg。

ロッカは少年時代から故郷の「ベルガモ・ゴルフクラブ」でキャディを務め、22歳の時に「イタリアン・キャディ選手権」で優勝した後、24歳でプロゴルファーになった。ゴルファーとしての生活資金を得るために、ポリスチレン箱の製造工場で働いた時期もある。ヨーロピアンツアーの「クオリファイイング・スクール」(シード権獲得のための資格試験)を4度受けた後、1989年から欧州ツアーに本格参戦を開始した。1993年にヨーロッパツアーで年間2勝を挙げ、イタリア人のプロゴルファーとして初めてライダーカップのヨーロッパ選抜チーム代表選手に選出された。1995年に名門セント・アンドルーズR&Aゴルフクラブで行われた全英オープンで、ロッカは最終18番ホールでチップ・ショットを決め、ジョン・デーリーと 6 アンダーパー(-6, 282ストローク)で並んだが、プレーオフでデーリーに敗れて“ゴルフの聖地”に名前を残す機会を逸してしまう。この年は2度目のライダーカップ出場を果たし、ツアーの賞金ランキングも自己最高の4位につけた。

1997年マスターズで第3ラウンドを終えた時、コスタンティノ・ロッカは6アンダーで2位につけたが、首位を独走していた21歳のタイガー・ウッズとは9打差をつけられていた。4月13日の最終ラウンドで、ロッカは若きウッズを追い詰めることができず、結局この日のラウンドは75(3オーバーパー)とスコアを崩して5位に終わった。しかし、5ヶ月後のライダーカップ最終日の「シングルス・マッチ」(1対1のマッチプレー方式)第3試合で、ロッカとウッズが再び顔を合わせた時、ロッカはウッズに 4 アンド 2 で勝ち、ヨーロッパ選抜チームの勝利に貢献した。1999年の「ウエスト・オブ・アイルランド・ゴルフクラシック」でヨーロッパ・ゴルフツアー5勝目を挙げたが、ライダーカップ出場は惜しいところで逃した。この大会が現時点でロッカの最後のツアー優勝になっている。2007年からは、ヨーロッパのシニアゴルフツアー(50歳以上の選手が対象)に転戦を開始した。

イタリアにはプロゴルファーは非常に少なく、ロッカは長い間孤高の存在のような選手であった。しかし2005年全米アマチュア選手権で、大会史上初めてイタリア人選手のエドアルド・モリナリが優勝を果たすなど、少しずつ彼のまいた種が育ちつつある。

プロ優勝 (14)[編集]

ヨーロピアンツアー (5)[編集]

No. Date Tournament 優勝スコア 打差 2位(タイ)
1 1993年4月4日 オープン・ド・リヨン −21 (67-71-66-63=267) 6打差 スウェーデンの旗 ヨーキム・ヘグマン, スウェーデンの旗 ガブリエル・ヤッツステット,
イングランドの旗 バリー・レーン, アイルランド共和国の旗 ポール・マッギンリー
2 1993年6月27日 プジョー・オープン・ド・フランス −11 (66-66-71-70=273) Playoff アイルランド共和国の旗 ポール・マッギンリー
3 1996年5月27日 ボルボPGA選手権 −14 (69-67-69-69=274) 2打差 イングランドの旗 ニック・ファルド, スコットランドの旗 ポール・ローリー
4 1997年9月7日 キヤノン・ヨーロピアンマスターズ −13 (71-69-70-65=275) 1打差 スコットランドの旗 スコット・ヘンダーソン, スウェーデンの旗 ロバート・カールソン
5 1999年8月15日 West of Ireland Golf Classic −12 (70-68-68-70=276) 2打差 アイルランド共和国の旗 パドレイグ・ハリントン

ヨーロピアンツアープレーオフ記録 (1–1)

No. Year 大会 相手 結果
1 1993 プジョー・オープン・ド・フランス アイルランド共和国の旗 ポール・マッギンリー 最初のホールでボギーを決めて勝つ
2 1995 全英オープン アメリカ合衆国の旗 ジョン・デーリー 4ホールの末敗れる (デーリー 4-3-4-4=15, ロッカ 5-4-7-3=19)

その他 (7)[編集]

  • 1984 National Omnium
  • 1985 Enichem Open
  • 1986 Pinetina Open
  • 1987 Index Open
  • 1988 ロレックスプロアマ (スイス)
  • 1989 National Omnium, イタリアPGA選手権

All in Italy except where noted.

ヨーロピアンシニアツアー (2)[編集]

代表歴[編集]

外部リンク[編集]