コジモ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コジモ2世

コジモ2世・デ・メディチCosimo II de' Medici, 1590年5月12日 - 1621年2月28日)は、メディチ家の第4代トスカーナ大公(在位;1609年 - 1621年)。第3代大公フェルディナンド1世・デ・メディチクリスティーナ・ディ・ロレーナとの長男。

父の死を受けて19歳で大公に即位。ハプスブルク家オーストリア大公カール2世神聖ローマ皇帝フェルディナント1世の三男。皇帝フェルディンナント2世の父)の娘マリーア・マッダレーナ・ダウストリア1608年10月19日に結婚した。

コジモは温厚で教養豊かな人物であり、ガリレオ・ガリレイの最初のパトロンとなるなど、メディチ家の伝統である文化・学術の振興には尽力している。しかし、病弱な上、君主としての資質には乏しく、母クリスティーナや妃のマリアが国政に大きな力を振るった。彼の治世の間、国内の商工業は停滞し、トスカーナ大公国は徐々に衰退していった。

1621年、コジモは31歳の若さで没し、長男のフェルディナンドが後を継いだ。

子女[編集]

名前 伊語名 生年月日 死去 備考
マリア・クリスティーナ Maria Cristina 1609年8月24日 - 1632年8月9日
フェルディナンド Ferdinando 1610年7月14日 1670年3月23日 ウルビーノ公フランチェスコ・ウバルド・デッラ・ローヴェレ(Francesco Ubaldo della Rovere)の娘ヴィットーリア・デッラ・ローヴェレ(1622年 - 1694年)と結婚。
ジャンカルロ Giancarlo 1611年7月24日 1663年1月23日 1644年枢機卿に選出。
マルゲリータ Margherita 1612年5月31日 1679年2月6日 1628年10月11日に、パルマ公オドアルド1世・ファルネーゼ1612年 - 1646年)と結婚。
マッテーオ Matteo 1613年4月9日 1617年10月14日
フランチェスコ Francesco 1614年10月16日 1634年7月25日
アンナ Anna 1616年7月21日 1676年9月11日 1646年6月10日オーストリア大公フェルディナント・カール1628年 - 1672年)と結婚。
レオポルド Leopoldo 1617年11月6日 1675年11月10日 1667年枢機卿に選出。


先代:
フェルディナンド1世
トスカーナ大公
1609年 - 1621年
次代:
フェルディナンド2世