コシジロウタオオタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コシジロウタオオタカ
コシジロウタオオタカ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Falconiformes
: タカ科 Accipitridae
: ウタオオタカ属 Melierax
: コシジロウタオオタカ
M. canorus
学名
Melierax canorus
(Rislachi, 1799)
英名
Pale Chanting Goshawk

コシジロウタオオタカ(腰白歌大鷹、学名:Melierax canorus)はタカ目タカ科に分類される鳥。

分布[編集]

  • アフリカ南部、年間降水量750mm以下の乾燥地帯(半砂漠)などに棲息している。電柱の上にとまることもある。

体格[編集]

体長56~65センチメートル 成鳥のお尻は白色で、頭と上胸は淡い灰をしている。 下半分は、細かく濃い灰色と白色の縞模様している。 翼幅は約105cmである。

幼鳥の尾は白い尻は黒い。下半分は茶色をしている。

摂食[編集]

トカゲ、小型哺乳類鳥類、大きな昆虫を食べる雑食。


生態[編集]

普段は静かな鳥だが、繁殖期になるとメスが鳴き声を発する。


繁殖[編集]

巣は3~10メートルの高さでアカシアの木に作る。メスは一度に1~2個の卵を産む。繁殖は真冬に始まり約115日間暖める。


亜種[編集]

  • Melierax canorus canorus
  • Melierax canorus argentior

生態[編集]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
タカ小目 Accipitrida
タカ亜科 Accipitrinae

保全状態評価[編集]