コゴメビユ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コゴメビユ属
Herniariaglabra2.jpg
コゴメビユ(Herniaria glabra)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: コゴメビユ属 Herniaria
  • 20-45種、本文参照

コゴメビユ属(Herniaria)は、ナデシコ科顕花植物の属である[1]ユーラシア大陸アフリカ大陸に自生するが、一部の種は他の大陸にも広く導入されている。平らなマット状に広がる一年草である[2]。かつてヘルニアの治療薬になると信じられていたことから学名が付けられた[3]

[編集]

  • Herniaria cachemiriana
  • Herniaria capensis
  • Herniaria caucasica
  • Herniaria ciliolata
  • Herniaria cinerea
  • Herniaria glabra(コゴメビユ)
  • Herniaria hirsuta
  • Herniaria kotovii
  • Herniaria parnassica
  • Herniaria polygama
  • Herniaria pujosii
  • Herniaria setigera
  • Herniaria suavis

出典[編集]

  1. ^ USDA Plants Profile: Species in North America
  2. ^ Jepson Manual Treatment
  3. ^ Flora of North America

外部リンク[編集]