ココット (折り紙)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ココット

ココット(仏:cocotte・鍋の意味)またはパハリータ(西:pajarita・ボウタイの意味)は、ヨーロッパの伝承折り紙である。

指で動かすことができるため、子供のうらない遊びに用いられることもある。このため英語では Paper fortune teller (紙の占い師)、ドイツ語では Himmel oder Hölle (天国と地獄)などと呼ばれることがある。

折り方[編集]

遊び方[編集]

数字が書かれたもの

遊び方の一例を記す。

ココットを作った後、(※)の段階まで戻し、8分割されたそれぞれの場所に数字を書き込む。その後裏に何かメッセージを書く。

作者は4つの突起の下に指をいれ、半分だけ開いた状態で他の人に提示する。提示された人は見える数字を選び、作者はその数字に従って開閉操作を行う。開閉操作が終わったら再度見えている数字から1つを選ぶ。選ばれた数字の裏にかかれているメッセージを読み上げる。

外部リンク[編集]