コクジャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コクジャク
PeacockPheasantGould.jpg
コクジャク(上がオス、下がメス)
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: コクジャク属 Polyplectron
: コクジャク
P. bicalcaratum
学名
Polyplectron bicalcaratum
(Linnaeus, 1758)
和名
コクジャク
英名
Grey Peacock-pheasant
Polyplectron bicalcaratum

コクジャク(小孔雀、学名:Polyplectron bicalcaratum)は、キジ目キジ科に分類される鳥類の一種である。別名ハイイロコクジャク

分布[編集]

ヒマラヤ南部(ブータン、アッサム地方)、ラオス北部からベトナム、中国南部に分布する。コクジャク属の中で最も分布の広い種である。

形態[編集]

雄は体長約53cm。雄は全体に緑がかった灰色で、淡い赤褐色の細斑がある。背から翼、尾羽、上尾筒に光沢をおびた青緑色の円斑がある。尾羽は20-24枚。額には冠羽と装飾羽がある。喉から頬にかけては白い。雌は体色は雄と似ているが、著しく小型である。尾羽の1列以外の円斑は不明瞭である。

生態[編集]

低地から標高1200mまでの熱帯常緑林に生息する。

繁殖期に、雄は尾羽を扇状に広げるディスプレイを行う。

亜種[編集]

以下の4亜種に分類されるとされる。

  • Polyplectron bicalcaratum bakeri
  • Polyplectron bicalcaratum bicalcaratum
  • Polyplectron bicalcaratum ghigii
  • Polyplectron bicalcaratum katsumatae

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 キジ目』、財団法人東京動物園協会、1987年、120-121頁
執筆の途中です この項目「コクジャク」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類