コガラパゴスフィンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コガラパゴスフィンチ
コガラパゴスフィンチ
コガラパゴスフィンチ Geospiza fuliginosa
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: フウキンチョウ科 Thraupidae
: ガラパゴスフィンチ属 Geospiza
: コガラパゴスフィンチ G. fuliginosa
学名
Geospiza fuliginosa
(Gould, 1837)
和名
コガラパゴスフィンチ
英名
Small Ground Finch

コガラパゴスフィンチ (Geospiza fuliginosa) は、フウキンチョウ科ダーウィンフィンチ類に属する鳥類の1種。

分布[編集]

ガラパゴス諸島固有種であり、ヘノベサ島、ダーウィン島、ウォルフ島を除き[1]、諸島のほとんどの島の低木地や疎林その他の生息域において、広範囲に普通種として生息する。

形態[編集]

全長11cm[2]、体重14g[1]。成鳥の雄は全身黒色で、下尾筒にのみ白斑がある[2]。雌および若鳥は上面褐色で、下面に縞がある。くちばしは円錐形で短め[1]ガラパゴスフィンチ属 Geospiza のうち最小種であるが[2]、大きさはハシボソガラパゴスフィンチ (Geospiza difficilis) と同じぐらいに見え、識別にはくちばしの形とともに分布も考慮する[1]

生態[編集]

海岸や移行帯を好むが、高地にもいることがあり、非繁殖期には多くが高地に移動する[1]。ときに他のダーウィンフィンチ類との混群をつくる[3]

食性はダーウィンフィンチ類のうち最も雑食性を示す。種子、オプンティアの花、葉芽、葉、花、小さなアオムシや昆虫、落ちたオプンティアの果肉、腐肉、外来果実、蠕虫などを餌とする。また一般的に、ガラパゴスゾウガメイサベラ島サンタ・クルス島、ピンソン島)およびガラパゴスリクイグアナフェルナンディナ島、プラザ島)やウミイグアナ(フェルナンディナ島、エスパニョラ島、サンタ・クルス島)の皮膚から寄生生物を採餌する。[1]

巣は、小枝、草、樹皮で作った椀状のもので、サボテンや藪の中に営巣し、巣内に地衣類などを敷く。[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f Isabel Castro and Antonia Phillips, A Guide to The Birds of the Galápagos Islands, Prinston University Press, 1996, p. 127. ISBN 0-691-01225-3.
  2. ^ a b c Andy Swash and Rob Still, Birds, Mammals and Reptiles of the Galápagos Islands, 2nd Edition, Christopher Helm, 2005, p. 102. ISBN 978-0-7136-7551-1
  3. ^ a b コリン・ハリソン、アラン・グリーンスミス 『鳥の写真図鑑』、日本ヴォーグ社、1995年、338頁。ISBN 4-529-02562-4

関連項目[編集]