コカ・コーラ ゼロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コカ・コーラ ゼロは、ザ コカ・コーラ カンパニーが販売している炭酸飲料。2005年6月、アメリカ合衆国にて発売開始。日本では2007年6月に発売され、現在51ヵ国にて販売されている。日本では280ml/350ml/500ml・350ml/500ml/1.5LPETで販売され、地域によっては300mlボトル缶や190mlリターナブル瓶でも販売されている。

コカ・コーラ ゼロ(日本仕様/200mlアルミ缶入り)
コカ・コーラ ゼロ(日本仕様/500mlペットボトル入り)
コカ・コーラ ゼロ(海外仕様/ペットボトル入り)

特徴[編集]

若者をターゲットに、赤いコカ・コーラの“味”、ダイエットコカ・コーラの“カロリーゼロ”という特徴の両方を兼ね備えた商品として発売された。販売されている国によって、パッケージデザインが異なることがあるが、メインターゲット及び味設計は基本的に同じである。アスパルテーム(日本では味の素のPAL SWEET DIET)を砂糖代わりに使っている。

2007年4月にはダイエットコカ・コーラがノーカロリーコカ・コーラとしてリニューアル発売されているが、ノーカロリーコカ・コーラが女性向けのカロリーゼロのコーラとして売り出しているのに対し、コカ・コーラゼロは男性向けのカロリーゼロのコーラとして売り出されている。ノーカロリーコカ・コーラに比べ、コカ・コーラゼロは甘さが抑えられ、炭酸ガス圧が強めに設定されている。

2010年4月には糖分・香料・保存料ゼロに加え、カフェインフリーも実現した「コカ・コーラ ゼロフリー」を新たに発売した。[1]こちらは金のラベルを採用している。

日本での沿革[編集]

  • 2007年6月4日 - 発売開始
  • 2008年6月2日 - コンビニエンスストア・自動販売機向けに、移動中の飲み易さを追及した「グリップボトル」を導入。
  • 2008年10月6日 - 「007/慰めの報酬」とのタイアップキャンペーンを開始。350ml缶と500mlグリップボトルの限定デザイン品を発売。
  • 2009年2月9日 - リニューアル発売。コカ・コーラのロゴは白地から「コカ・コーラレッド」に変更すると共に、保存料をゼロ化。また、350ml缶はJリーグとのオフィシャルスポンサー契約を活用し、Jリーグデザイン缶とした(ウエスト社は管轄内8チーム・南九州社は管轄内2チームのデザイン缶)。
  • 2010年2月1日 - リニューアル発売。合成香料もゼロ化。ペットボトルのキャップの色をブランドのシンボルカラーであるブラックに変更。
  • 2010年4月26日 - カフェインフリー設計の「コカ・コーラ ゼロフリー」を発売。

日本での広告活動[編集]

日本では“ゼロ侍”なるキャラクターを採用。扮装はなのだが、ちょんまげに見立ててコカ・コーラゼロの500mlのペットボトルを頭に乗せている。「躊躇わない男の象徴=を起用し、決断力のあるシャープな男を象徴」としている。

日本での発売より1年後、カーディーラーのHONDAを中心にサンプリングを行った。また2007年からは鈴鹿8耐の冠スポンサーとなっている。

2008年10月、映画「007」の新作「慰めの報酬」とタイアップし、プレゼントプロモーションをはじめ、コカ・コーラゼロのデザインパッケージを販売することを発表した。

2009年2月、製品のリニューアルに合わせ、Jリーグとの協同プロモーションを展開。このプロモーションからPET製品に関してはキャップ裏にピンコードを印字し始めた(缶製品は従来通りシール)。

2012年はFUZZY CONTROLの「born tobe wild」(ステッペンウルフのカバー)をCM曲に起用。スカパー!とのコラボCMではJリーグサポーターの応援風景を使用(10クラブバージョン作成予定)。

カロリーゼロなのか?[編集]

栄養表示基準が規定されている健康増進法の第31条によると、100mlで5キロカロリー以下であれば「0カロリー」と表示していいことになっている。結果としてノーカロリーコカ・コーラは「0カロリー」と表示されている。しかし後述するように、厳密にはカロリーは微小だがある。

コカ・コーラ ゼロ
実際のカロリーは海外向け製品のラベルには明記されている。その数値は100mlあたり0.27~0.5kcal、250mlあたり0.5~1kcalと表記されており、国によって異なる。
コカ・コーラ
通常のコカ・コーラのカロリーは100mlあたり45キロカロリーであり、500ml缶一本では225キロカロリーになる。コカ・コーラ ゼロは、通常のコーラの実質113分の1のカロリー量しかないことになる。(コカコーラゼロの500ml缶として比較計算した)

脚注[編集]

外部リンク[編集]