カマキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コカマキリから転送)
移動: 案内検索
カマキリ目(蟷螂目)
Rhombodera basalis
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カマキリ目 Mantodea
学名
Mantodea
Burmeister1838
和名
カマキリ目(蟷螂目)

カマキリ(螳螂、蟷螂、鎌切)は、昆虫綱カマキリ目(蟷螂目、学名Mantodea)に分類される昆虫の総称。前脚が状に変化し、他の小動物を捕食する肉食性の昆虫である。名前の由来については、「鎌切」という表記があることからわかるように、「鎌で切る」から「鎌切り」となったという説と、「カマキリ」は、「鎌を持つキリギリス」の意味で、この「キリ」はヤブキリクサキリササキリなどのキリギリスの仲間の名にふくまれる「キリ」と同じであるという説とがある。

分類法によっては、ゴキブリシロアリなどとともに網翅目(もうしもく、Dictyoptera)とすることもある(その際、カマキリ類はカマキリ亜目になる)。かつてはバッタキリギリスなどと同じバッタ目(直翅目、Orthoptera)に分類する方法もあったが、現在ではこれらとはそれ程近縁でないとされている。

カマキリに似たカマキリモドキという昆虫がいるが、アミメカゲロウ目(脈翅目)に属し、全く別の系統に分類される。またおなじくカマキリに似た前脚を持つミズカマキリカメムシ目(半翅目)に属し、まったく別の系統である。これらは収斂進化の例とされている。

概要[編集]

全世界で2,000前後といわれるが、研究者により1,800-4,000種の開きがある。特に熱帯亜熱帯地方に種類数が多い。

体は前後に細長い。6本ののうち、前脚(前肢)が状(亜鋏状)に変化し、多数のがある。頭部は逆三角形で、2つの複眼大顎が発達する。前胸は長く、頭部と前胸の境目は柔らかいため、頭部だけを広角に動かすことができる。触角毛髪状で細長く、中脚と後脚も細長い。

成虫には細長い前翅と扇形に広がる後翅があるが、多くのカマキリは飛行が苦手で、短距離を直線的に飛ぶのが精一杯である。翅を状に広げて威嚇に使うことが多い。地上性のカマキリには翅が退化したものもいて、これらは飛ぶことができない。また、雄は身体が細身で体重が軽く、飛翔性が高くてよく飛んで移動するが、雌は雄よりも太目で身体が頑強で重いために雄のような飛翔行動をすることはなく、翅はもっぱら威嚇のために使用される。

なお、カマキリの体腔内に寄生する寄生虫としてハリガネムシが知られる。充分成長したハリガネムシは寄生主を水辺へと誘導し、水を感知すると産卵のためにカマキリの体内から脱出する。そのため、カマキリの成虫を水で濡らすとハリガネムシが体をくねらせて姿を現すことがある。ハリガネムシが脱出したカマキリは急激に衰弱し、死ぬこともある 。平地に棲むオオカマキリにはあまり見られないが、山間地に棲むハラビロカマキリの成虫にはハリガネムシの寄生がよく見られる。

捕食[編集]

ツクツクボウシを捕食するハラビロカマキリ
バッタを捕食するカマキリ(Mantis religiosa
オオカマキリ 交尾の際に雄を捕食する雌

食性は肉食性で、自身より小さい昆虫や小動物を捕食するが、大きさによってはスズメバチキリギリスショウリョウバッタオニヤンマ等の大型肉食昆虫やヘビクモカエルトカゲミミズなど昆虫以外の小動物を捕食することもある。また、獲物が少ない環境では共食いすることもある。同種内ではメスの方がオスよりも大きいため、メスがオスを食べてしまうこともある(交尾後に多い)。食べるのは生き餌に限られ、死んで動かないものは食べない。捕食の際は鎌状の前脚で獲物を捕えて抑えつけ、大顎でかじって食べる。食後は前脚を念入りに舐めて掃除する。

獲物を狙う時には、体を中脚と後脚で支え、左右の前脚を揃えて胸部につけるように折りたたむ独特の姿勢をとって、じっと動かずに待ち伏せする。獲物を捕らえる際に体を左右に動かして獲物との距離を測ることが多い。獲物や捕食者に見つからないために何かに擬態した色合いや形態をしていることが多い。一般には茶色か緑色の体色で、植物の枝や細長いに似たものが多いが、熱帯地方ではカラフルな花びらに擬態するハナカマキリ、地面の落ち葉に擬態するカレハカマキリ、木の肌に擬態するキノハダカマキリもいる。

共食い[編集]

カマキリ類では、同じ種類でも体の小さいオスが体の大きいメスに共食いされてしまう場合がある。

共食いをしやすいかどうかの傾向は、種によって大きく異なる。極端な種においてはオスはメスに頭部を食べられた刺激で精子嚢をメスに送り込むものがあるが、ほとんどの種の雄は頭部や上半身を失っても交尾が可能なだけであり、自ら進んで捕食されたりすることはない。日本産のカマキリ類ではその傾向が弱く、自然状態でメスがオスを進んで共食いすることはあまり見られないとも言われる。ただし、が深まって捕食昆虫が少なくなると他の個体も重要な餌となってくる。

一般に報告されている共食いは、飼育下で高密度に個体が存在したり餌が不足したりした場合のものである。このような人工的な飼育環境に一般的に起こる共食いと交尾時の共食いとが混同されがちである。交尾時の共食いも雌が自分より小さくて動くものを餌とする習性に従っているにすぎないと見られる。ただしオスがメスを捕食することはなく[要出典]遺伝子を子孫に伝える本能的メカニズムが関係していると考えられる(すなわちメスを捕食してはDNAが子孫に伝わらなくなる)。また、このような習性はクモなど他の肉食性の虫でも見られ、特に珍しいことではない。

また、それらの雌が雄を捕食する虫の場合、雄が本能的に複数の雌と交尾をし、体力を使いきって最後に交尾した雌の餌になっている場合もある。

生活史[編集]

ハラビロカマキリの産卵
オオカマキリの卵鞘
孵化した直後のオオカマキリ

カマキリは、 - 幼虫 - 成虫という不完全変態を行うグループである。

メスは交尾後に多数の卵を比較的大きな卵鞘(らんしょう)の中に産み付ける。卵鞘は卵と同時に分泌される粘液が泡立って形成される。大きさや形は種によって決まっている。1つの卵鞘には数百個前後の卵が含まれ、1頭のメスが生涯に数個程度の卵鞘を産む種が多い。卵は卵鞘内で多数の気泡に包まれ、外部の衝撃や暑さ寒さから守られる。卵鞘は「螵蛸」(おおじがふぐり)という別名を持ち、これは「老人の睾丸」の意味である。

卵から孵化した幼虫は薄い皮をかぶった前幼虫(ぜんようちゅう)という形態で、脚や触角は全て薄皮の内側にたたまれている。前幼虫は体をくねらせながら卵鞘の外へ現れるが、外に出ると同時に薄皮を脱ぎ捨てる最初の脱皮を行う。

前幼虫からの脱皮を終えた幼虫は、体長数mm程度しかないことと翅がないことを除けば成虫とよく似た形態をしている。一令幼虫はまずタカラダニトビムシアブラムシなど手近な小動物を捕食するが、この段階ではアリも恐ろしい天敵の一つである。体が大きくなるとショウジョウバエなどを捕食できるようになり、天敵だったアリも逆に獲物の一つとなる。このようにして、ひとつの卵鞘から孵化した数百匹の幼虫も、成虫になれるのはわずか数匹のみである。種類や環境にもよるが、幼虫は1日1匹の割合で獲物を捕食し、成虫になるまでに数回の脱皮を行う。

充分に成長した幼虫は羽化して成虫となる。成虫の寿命は数か月ほどだが、この間にも獲物を捕食して卵巣など体組織の成熟を図る。

人間との関わり[編集]

文化[編集]

カマキリの特殊な姿や行動は、古くから多くの人間に観察されており、前脚を持ち上げて待ち伏せする姿を祈っているようだと見て、日本では俗に拝み虫(おがみむし)とも呼ばれる。カマキリ類の学名は、ギリシャ語の名前"mántis"に由来し、"mántis"は、「予言者」の意味でもある。これは、英名のmantismantidの元にもなっている。英語では、praying(祈る) mantisとも呼ばれる。また、さらにはその生態から同音語のpreying(捕食する) mantisとの混乱も見られる。

韓詩外伝に「蟷螂の斧」という故事があり、斉国の君主だった荘公はある日馬車で出かけたが、道の真ん中に一匹のカマキリがいて、逃げださず前足をふりあげて馬車に向かってきた。荘公はその勇気を賞して、わざわざ車の向きを変えさせたという。国君が一匹の虫に道を譲ったこの故事は日本に伝来し、カマキリは勇気ある虫とされ、戦国期のには、カマキリの立物を取りつけたものがある[1]。現在の日本では意味が転じ、己の無力を知らない無謀さを揶揄する場合に用いる。祇園祭では「蟷螂の斧」の故事を元とした「蟷螂山」という山鉾があり、からくり仕掛けで動くカマキリが載っている。

カマキリは、雪が積もるであろう高さより上に卵を産むことから、カマキリには古くから予測の力があるとされた。この「雪国のカマキリの卵は毎年雪に埋もれない高さに産み付けられていて、その年の雪の高さを予知している」という言い伝えについては、それを実証する研究がなされている[2]。しかし、昆虫写真家の海野和男は雪に埋もれるカマキリの卵を観察できることからその説に疑問を呈し[3][4]、また、弘前大学名誉教授の安藤喜一は、検証の結果「カマキリの積雪量予知は誤りである」との結論を出している[5][6]

1995年(平成7年)7月4日発売の700円普通切手の意匠に酒井抱一の『四季花鳥図巻』のカマキリが採用された。

中国ではカマキリの動きを真似たという蟷螂拳という武術が現在まで伝わっている。

飼育[編集]

肉食性のうえ、共食いもするため単独飼育が基本である。そのため、オオカマキリチョウセンカマキリ等の大型種は特に累代飼育が難しい。野生下においては、関東以西では雄個体は10月中 - 下旬頃、雌個体は11月上 - 下旬まで見られる。飼育下では、餌やり・温度管理をすれば雌個体の場合12月下旬頃までは飼育できる。大人の指でも、はね除け、傷つけてしまうほどの強い力と好戦的な性質を持つ。

死んで動かない餌は食べない。餌が動かないでいると顔を近づけて観察し、前足で触って生きているかどうか確認する。飼育において購入することのできる主な生き餌は、ヨーロッパイエコオロギフタホシコオロギミールワーム等。ただし死んでいても動けば餌と認識するようで、魚肉ソーセージの切り身などをピンセット割り箸などで口元で動かせば捕食する。

分類[編集]

日本産のカマキリ[編集]

日本には、カマキリ科とヒメカマキリ科に属する2科9種が生息している。

カマキリ科 Mantidae[編集]

オオカマキリ(褐色型)
オオカマキリ Tenodera aridifolia Stoll, 1813
体長:オス68 - 95mm、メス75 - 110mm
分布:北海道本州四国九州対馬、日本以外では朝鮮半島中国東南アジア
日本最大のカマキリで、体色は緑色型と褐色型が知られる。チョウセンカマキリやウスバカマキリとよく似ているが、後翅の付け根を中心とした大部分が暗紫褐色なので区別できる。前脚の内側に模様がなく、左右の前脚の間の胸は目立たない淡い黄色、もしくは黄色斑紋上部縁側がエンジ色をしている。川原や林縁の草むらに生息する。
チョウセンカマキリ(カマキリ) Tenodera angustipennis Saussure, 1869
体長:オス65 - 80mm、メス70 - 90mm
分布:本州、四国、九州、対馬、沖縄本島、日本以外では中国と朝鮮半島
単にカマキリとも呼ばれる。後翅の前縁部と中央に並ぶ暗褐色の短い筋を特徴とする。前脚の内側に模様はなく、左右の前脚の間の胸は山吹色をしている。
ウスバカマキリ Mantis religiosa Linnaeus, 1758
体長:オス50 - 66mm、メス59 - 66mm
分布:世界各地に分布。日本でも北海道南西部以南に分布する
淡い緑色で、前脚の基節内側に黒い楕円形紋がある。個体数はオオカマキリに比べて少ない。
コカマキリ
ハラビロカマキリ
コカマキリ Statilia maculata Thunberg, 1784
体長:オス36 - 55mm、メス46 - 63mm
分布:本州、四国、九州、対馬、日本以外では台湾など
小型のカマキリ。体色は褐色もしくは薄い紫褐色だが、まれに緑色や赤褐色のものがいる。前胸腹板には黒色帯があり、前脚の基節と腿節内側にはそれぞれに黒い模様がある。林縁の草むらや河川敷の草が生い茂った場所に生息しているが、地上性が強い。都市部にも生息している。
ハラビロカマキリ Hierodula patellifera Serville, 1839
体長:オス45 - 65mm、メス52 - 71mm
分布:東南アジアに広く分布する。日本では本州以南
通常緑色型で、前翅に白い斑点がある。前脚基節前縁に3から5ぐらいの突起がある。他のカマキリに比べ前胸が短く、腹部は幅が広く見える。樹上性で、林縁の日当たりの良い木の上や開けた草原の樹上に生息している。
ヒナカマキリ Amantis nawai Shiraki, 1911
体長:オス12 - 15mm、メス13 - 18mm
分布:台湾、日本では本州以南
褐色の非常に小型のカマキリ。翅は小さく鱗片状。台湾産のものには翅が長くなる個体があるのが知られているが、日本国内では見つかっていない。胸部背面の中央にこげ茶色の縦筋がある。森林の落ち葉の上に生息する。

ヒメカマキリ科 Acromantidae[編集]

複眼は大きく横または上方に突き出す。複眼の間には複眼よりも小さな突起がある。

ヒメカマキリ Acromantis japonica Westwood, 1849
体長:オス25 - 33mm、メス25 - 36mm
分布:本州、四国、九州、対馬、屋久島、奄美大島
樹上性で小型のカマキリ。緑色型と褐色型が存在。オスの羽は黒っく艶があるが、メスは艶があまりなく褐色に濃い褐色の斜めの縞模様がある。後翅が長くて前翅よりも後ろにはみ出し、その両側がとがる特徴がある。この科の幼虫は腹部を持ち上げるような格好で、かなり特徴的な姿である。
サツマヒメカマキリ Acromantis australis Saussure, 1871
分布:九州

記録が少ない種[編集]

ナンヨウカマキリ Orthodera burmeisteri Wood-Mason
体長:オス36mmほど、メス39mmほど
分布:小笠原諸島に少数が存在する。
ムナビロカマキリ
体長:オス74 - 88mm、メス68 - 92mm
分布:南西諸島
卵嚢はチョウセンカマキリとほぼ同型。体全体が太く頑丈で外観はオオカマキリに似ているが、体の各部特徴はチョウセンカマキリに同じ。
オキナワオオカマキリ(マエモンカマキリ) Tenodera sp.
体長:オス77 - 95mm、メス93 - 105mm
分布:奄美群島徳之島以南)から八重山諸島にかけて分布。
緑色型と褐色型がある。緑色型の頭楯や上唇は黄色または黄色味が強い。メス緑色型の前胸背面は背中線を中心に赤褐色が顕著に現れる場合が多い。前脚の内側に模様はなく、左右の前脚の間の胸は周りと同色。卵嚢はオオカマキリに似ているがより大型であまり角ばらず楕円に近い。
ヤサガタコカマキリ Statillia sp.
体長:オス36 - 40mm
分布:八重山諸島
緑色型やメスは未知。前胸は短めで体形は華奢。前脚紋の違うコカマキリ。
スジイリコカマキリ Statillia sp.
体長:オス41 - 51mm、メス50 - 57mm
分布:沖縄諸島と八重山諸島。宮古諸島からは記録が無い。
褐色型と緑色型がある。前脚紋の違うコカマキリ。
オガサワラカマキリ Orthodera sp.
肩が尖った小型のカマキリ。ナンヨウカマキリと同じ種類かは不明。

日本以外に生息するカマキリ[編集]

日本産と同様に草や枯葉に擬態し、緑色や茶色の体色をしたものがほとんどだが、一部には通常のカマキリとは異なる体型で、鮮やかな花や枯れ枝、落ち葉に擬態した種類が存在する。

ハナカマキリ Hymenopus coronatus Oliver, 1792
分布:東南アジア
1齢幼虫は花には似ておらず、赤と黒の2色で同地域のカメムシの1種に似ており、ベイツ型擬態と見られる。2齢幼虫は脚の腿節が水滴型に平たくなり、体色もピンクや白で、ラン科の花に体を似せており、英名も"Orchid Praying Mantis"(ランカマキリ)と呼ばれる。擬態をしている昆虫として代表的なものである。ただし成虫になると体が前後に細長くなってカマキリらしくなり、あまりランの花には似なくなる。ヒメカマキリ科だが日本のヒメカマキリとは性質が大きく異なり、共食いもする。オスは体長3cmほどで7cmほどあるメスの半分にも満たない。
オオカレエダカマキリ Paratoxodera cornicollis
分布:東南アジア
枯れ枝のような細長く茶色い体の所々に葉に似せた鰭状のものがついている。ドラゴンマンティスとも呼ばれる最大のカマキリ。
カレエダカマキリ Euchomenella heteroptera De Haan, 1842
分布:東南アジア
和名通り枯れ枝に似ている。気配を感じると前肢を伸ばして枯れ枝のふりをする。
ボクサーカマキリ Acromantis gestri 英名 Boxer Mantis
分布:東南アジア
前脚のカマが円盤状になっている。
カレハカマキリ Deroplatys spp.
分布:東南アジア
前胸が左右に広がっていて落ち葉によく似ている。落ち葉に覆われた森林の地上に生息する。
アフリカメダマカマキリ Pseudocreobotra wahlbergii
分布:アフリカのタンザニア

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 奇跡の地球物語 鎧兜〜受け継がれてきた和の心〜”. テレビ朝日 (2012年4月29日). 2013年7月20日閲覧。
  2. ^ 酒井與喜夫 『カマキリは大雪を知っていた:大地からの"天気信号"を聴く』 農山漁村文化協会〈人間選書〉、2003年ISBN 4-540-03114-7
  3. ^ 海野和男 (2002年12月21日). “雪の日のキタテハとオオカマキリの卵”. 海野和男のデジタル昆虫記. 2011年11月15日閲覧。
  4. ^ 海野和男 (2005年9月30日). “オオカマキリの産卵”. 海野和男のデジタル昆虫記. 2011年11月15日閲覧。
  5. ^ 安藤喜一 「オオカマキリの耐雪性」『耐性の昆虫学』 田中誠二・小滝豊美・田中一裕編著、東海大学出版会2008年ISBN 978-4-486-01790-5
  6. ^ カマキリ博士の積雪予報は当たっていた!?”. 上越タウンジャーナル (2010年1月28日). 2011年11月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]