コウリンタンポポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コウリンタンポポ
Hieracium aurantiacum LC0106.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: ヤナギタンポポ属 Hieracium
: コウリンタンポポ H. aurantiacum
学名
Hieracium aurantiacum L.
シノニム

Pilosella aurantiaca

和名
コウリンタンポポ
英名
Fox-and-cubs, Orange Hawkweed,[1]ほか

コウリンタンポポ(紅輪蒲公英、Hieracium aurantiacum )は、キク科タンポポ亜科ヤナギタンポポ属多年草ヨーロッパ原産で、日本では帰化植物として定着している。別名「エフデギク」。

分布[編集]

ヨーロッパ中部~北部を原産地とする[2]。日本を含めた北半球に広く帰化している[2]

近縁種にキバナコウリンタンポポがおり、同じくヨーロッパ原産で日本や北アメリカに帰化している[2]

特徴[編集]

草丈10-50cm[3]タンポポ類に形がよく似た鮮やかなオレンジ色の花を7-8月頃に咲かせる[3]

市街地でもみられる雑草で、道端に生えている。繁殖力が強いため、在来種植物への影響が懸念されている[3]。日本では外来種であるものの、外来生物法による規制は特に存在しない。ただし、北海道ではブルーリストでA2「本道の生態系等へ大きな影響を及ぼしており、防除対策の必要性について検討する外来種」に指定している[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Peterson, Roger Tory; McKenny, Margaret (1968). A Field Guide to Wildflowers of Northeastern and North-Central North America. Houghton Mifflin Company Boston. ISBN 0-395-183251 
  2. ^ a b c 清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七 『日本帰化植物写真図鑑 Plant invader 600種』 全国農村教育協会2001年7月26日ISBN 4-88137-085-5p.374
  3. ^ a b c d コウリンタンポポ 北海道 ブルーリスト