コウテイペンギン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コウテイペンギン属
Emperor penguin.jpg
コウテイペンギン Emperor Penguins
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペンギン目 Sphenisciformes
: ペンギン科 Spheniscidae
: コウテイペンギン属 Aptenodytes
学名
Aptenodytes
(Miller, 1778)
  • A. patagonicus
  • A. forsteri
  • A. ridgeni(絶滅)

コウテイペンギン属 (Aptenodytes ) は現生のペンギンの中で身体の大きさが最大となるである。現生種には以下の2種が含まれる。

また、絶滅種として、鮮新世の化石として発見されたリッジェンペンギン (Aptenodytes ridgeni ) が知られている。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
ミズナギドリ上科 Procellarioidea
執筆の途中です この項目「コウテイペンギン属」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類