コウタイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コウタイ
Channa asiatica.jpg
コウタイ Channa asiatica
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 棘鰭上目 Actihopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : タイワンドジョウ亜目 Channoidei
: タイワンドジョウ科 Channidae
: タイワンドジョウ属 Channa
: コウタイ C. asiatica
学名
Channa asiatica
(Linnaeus, 1758)
和名
ライギョ(雷魚)
英名
Small snakehead
Asian snakehead

コウタイ学名Channa asiatica)は、動物界脊索動物門条鰭綱スズキ目タイワンドジョウ科に分類される魚。

分布[編集]

中華人民共和国南部、台湾に分布する。日本大阪府沖縄本島石垣島)に移入[1]

形態[編集]

全長30cm[1]。腹びれを欠く。体色は赤や褐色の個体が多く、多数の銀色の斑点が入る。中国語の「七星魚」という呼び名はこの模様に由来する。

生態[編集]

渓流などに生息する。夜行性。

食性は動物食で、魚類、小型両生類昆虫類甲殻類などを食べる。

繁殖形態は卵生。1回に1000個以上の卵を産む。

人間との関係[編集]

生息地では食用とされることもある。

日本では一部に移入および定着し在来種への影響が懸念されることから、要注意外来生物に指定されている[1]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。キャリコスネークヘッドと呼ばれることもある。小魚アカムシイトミミズコオロギなどの活き餌を与えるが、飼育下では人工飼料や乾燥飼料にも餌付く。性質が荒く、同種他種共に混泳には向かない。繁殖目的などで複数飼育を行う場合は流木や岩などの隠れ家を多く設置して個体間の干渉を少なし、個体間の争いが激しくなったり全長に差が出た場合はすぐに隔離して単独飼育に切りかえられるようにする。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7

 

  • 「蛇似頭持魚 スネークヘッド」『月刊アクアライフ』380号、マリン企画、2006年、36頁。
  • 東隆司 「小・中型スネークヘッドコレクション」『フィッシュマガジン』514号、緑書房2008年、89頁。

外部リンク[編集]