コウキクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コウキクサ
Eendekroos dicht bijeen.JPG
コウキクサ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: オモダカ目 Alismatales
: サトイモ科 Araceae
亜科 : ウキクサ亜科 Lemnoideae
: アオウキクサ属 Lemna
: コウキクサ L. minor
学名
Lemna minor L.
英名
Common Duckweed
Lesser Duckweed

コウキクサLemna minor)はアオウキクサ属に分類される浮遊性の水草。世界のほとんどの地域に分布する汎存種で、アフリカアジアヨーロッパ北アメリカなどの淡水域で広く見られる。オーストラリア南アメリカでは分布が記録されていなかったが、現在では帰化植物として定着している[1][2]

形態[編集]

コウキクサの花

2、3枚の葉をもつ浮遊植物で、水中に根が1本伸びる。生長すると、植物体が分離して無性的に繁殖する。葉は丸く、長さ1-8mm、幅0.6-5mm。葉の色はうすい緑で、浮遊するための浮き袋状の構造に空気をためている。繁殖は先述した分裂によって主に行われ、花は滅多につけない。花は直径1mm程度で、コップのような形状をした膜状構造に囲まれている。種子はおよそ1mmで、8-15本の葉脈がある[3][4][5]

他の生物との関係[編集]

コウキクサのコロニー

タンパク質や脂質が豊富で、魚や鳥(特にアヒルなどの水鳥)の餌として重要である。また、草体が水鳥の羽などに付着して運ばれることで別の湖沼などへ分布を広げることが出来る[6]

利用[編集]

アクアリウムなどに用いられることがある。しかし生長が非常に早く、すぐに増殖してしまうため、まめに間引く必要がある[7]。また、魚や家畜の飼料として用いられることもある。

脚注[編集]

  1. ^ Germplasm Resources Information Network: Lemna minor
  2. ^ Den Virtuella Floran: Northern Hemisphere map
  3. ^ Flora of NW Europe: Lemna minor
  4. ^ Flora of North America: Lemna minor
  5. ^ Plants of British Columbia: Lemna minor
  6. ^ Missouri Botanical Garden: Duckweed Roots
  7. ^ Hiscock, P. (2003). Encyclopedia of Aquarium Plants. United States and Canada: Interpret Publishing. ISBN 0-7641-5521-0.