ゲーム (ラッパー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲーム
ゲームのロゴ

ゲームGame、本名: Jayceon Terrell Taylor1979年11月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州コンプトン出身のラッパー俳優である。身長193cm。

バイオグラフィー[編集]

ゲームはロサンゼルスで生まれた。育ったのは、ギャンググループであるクリップスのテリトリーとして知られている、カリフォルニア州コンプトンのサンタナ・ブロックという地域だが、成長してからは対立するグループのブラッズのメンバーとなった。ちなみに、ゲームというニックネームは祖母が名付けた。5歳のころに姉に対する暴行で父が起訴され、それがきっかけでカリフォルニアのカーソンで、8年間里親の家族と生活、13歳の時に母と復縁した。コンプトン高校を卒業後、ワシントン州立大学にバスケットボールの奨学金で入学。そこでドラッグ・ディーラーでひと儲け考えたが、ドラッグの取引に失敗し2001年拳銃で5ヶ所撃たれ、3日間昏睡状態になった。その病床でラッパーとして成功する為にいろいろなアルバムを聴き漁る。

ベイエリア大物プロデューサー、JT・ザ・ビガ・フィガが2002年LAで行われたライブを見て驚き自身のレーベルゲット・ロウ・レコーズ(Get Low Recordz)に招き入れる。アップ・カマーの紹介でドクター・ドレーと出会いアフターマス(Aftermath Entertainment)と契約、その頃に50セントと出会い、ドレーと50セントをエグゼクティブ・プロデューサーに迎えたデビューアルバム『The Documentary』をリリース(当初はN.W.A Vol.1と言うタイトルにするつもりであった)。

2006年に50セントとの確執からアフターマスを離脱し、ゲフィンに移籍。2006年11月14日、2ndアルバムの『Doctor's Advocate』をリリース。ドクター・ドレーのことに関して、「相変わらず尊敬しているし、仲が険悪になっているわけではない」と本人は語っており、タイトルも「ドクター(ドレー)の支持者」となっているが、2ndアルバムにドレーのプロデュース曲は収録されていない。しかし、彼が尊敬するナズの『ハスラーズ feat.ゲーム&マーシャ・アンブロシアス』はドレーがプロデュースしている。

2008年8月26日、自身にとっての3枚目のアルバム『LAX』リリースした。『LAX』を最後にラッパーとして引退すると宣言していたが、後日ライブにて4枚目のアルバムを制作中であると明かした。

2011年8月23日、ファレル・ウィリアムスをエグゼクティブ・プロデューサーに迎え、4枚目のアルバム『The R.E.D. Album』をリリースした。本作ではドクター・ドレーが『Drug Test』でゲストとして参加している他、アルバム全体のナレーションを行なっている。ドクター・ドレーがゲームのアルバムに参加するのは、『The Documentary』以来となる。ゲストにはドクター・ドレーの他、リル・ウェインドレイククリス・ブラウントレイ・ソングススヌープ・ドッグリック・ロスヤング・ジージーネリー・ファータドらが参加している。全米チャートでは、『Doctor's Advocate』以来となる初登場1位を獲得した。

2012年12月11日、カニエ・ウェストコモンミーク・ミル2チェインズトレイ・ソングスケンドリック・ラマーリック・ロスヤング・ジージープッシャー・Tリル・ウェインビッグ・ショーンJ・コールジェイミー・フォックスウィズ・カリファタイガクリス・ブラウンなどをゲストに迎え,5枚目のアルバム『Jesus Piece』をリリースした。このアルバムのジャケットで,赤をチームカラーとする西海岸のギャング、ブラッズ(Bloods)を思わせる赤いバンダナを口に巻いた、キリスト姿のゲームのイラストが使用されており,物議を醸した.

他のアーティストとのビーフ[編集]

ゲームは激しい言動からよくビーフの対象にされる。

出演映画[編集]

ディスコグラフィー[編集]

Album

  • ザ・ドキュメンタリーThe Documentary(2005)
  • ザ・ドクターズ・アドヴォケイトThe Doctor's Advocate(2006年11月14日)
  • LAX (2008年9月24日)
  • The R.E.D. Album (2011年8月23日)
  • Jesus Piece (2012年12月11日)


Single

(他にも非公式のWest Coast Remix(L.A.などの、アメリカ西海岸)やDirty South Remix(アトランタなどの、南部)が存在する。)

  • Let's Ride
  • Wouldn't Get Far
  • Game's Pain
  • Dope Boys
  • My Life
  • House of Pain

Mixtape

  • You Know What It Is Vol. 1(2003年)
  • JT the Bigga Figga Presents... Untold Story(2004年)
  • You Know What It Is Vol. 2(2004年)
  • Welcome To Compton Vol. 1
  • Welcome To Compton Vol. 2
  • Welcome To Compyon Vol. 4
  • Welcome To Compton Vol. 5
 *Vol. 3の存在は不明
  • West Side Connection (How The West Was Won): Red Tape (The Game & Snoop Dogg)
  • West Side Connection (How The West Was Won): Blue Tape (The Game & Snoop Dogg)
  • West Coast Resurrection(2005年)
  • Untold Story: Volume II(2005年)
  • Untold Story: Volume II(chopped & Screwed)
  • You Know What It Is Vol. 3(2005年)
  • Ghost Unit(2005年)
  • The Dope Game(Mick Boogie & The Game)(2005年)
  • The Dope Game Vol. 2 (Mick Boogie & The Game)
  • The Game VS Og Daddy V: Straight Outta Compton (2006年)
  • Kings Of The West(Snoop & The Game)(2006年)
  • Stop Snitchin, Stop Lyin(2005年)※インタビューなどを収めたDVD有り(別売り)
  • G.A.M.E.(2006年)
  • The Black Wall Street Journal, Vol. 1(DJ Skee, Nu Jerzey Devil, The Game & Black Wall Street)(2006年)
  • You Know What It Is, V.1(Game & DJ Ray)(2006年)
  • You Know What It Is, V.2(Game & B.W.S.)(2006年)
  • You Know What It Is, V.3(The Game, DJ Skee & Nu Jersey Devil)(2006年)
  • It's Game Time!(DJ Mello)(2006年)
  • The Face of LA(The Game & DJ Exclusive)(2006年)
  • The Game: Let The Game Begin(DJ Scream & Game)(2006年)
  • Game Time(DJ Scream & Game)(2006年)
  • Black Monday (2007年)
  • You Know What It Is Vol.4 (Nu Jerzey Devil & Dj Skee Present) (2007年)
  • The Red Room (2010年)
  • Brake Lights (2010年)
  • Purp & Patron (2011年)
  • Purp & Patron: The Hangover (2011年)
  • Hood Morning (No Typo): Candy Coronas (2011年)
  • California Republic (2012年)

※他多数

外部リンク[編集]