ゲーテアヌム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2ゲーテアヌム西側正面

ゲーテアヌム:Goetheanum)とは、スイスバーゼル近郊、ドルナッハに存在する、ドイツ神秘思想家ルドルフ・シュタイナーが設計した建築物である。

普遍アントロポゾフィー協会本部であり、その活動の中核である精神科学自由大学の本部も置かれている。

ドイツの文豪、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテにちなんで名付けられた。

現在のゲーテアヌムは、1922年に竣工したものが焼失したあとに、同じ場所に再建されたものであるが、外観が大きく異なるため、焼失前のものを「第1ゲーテアヌム」現在のものを「第2ゲーテアヌム」と呼んで区別している。

概要[編集]

1500席クラスのホールを2つもち、ギャラリーや講演会スペース、図書館書店などがある。

一般的なテーマに焦点を当てたカンファレンスが年数回行われており、また、教師、農民、医師、セラピストなどのための専門家会議も定期的に開催されている。夏に行われる大規模な会合では、オイリュトミー公演や、シュタイナーの遺作『神秘劇』の上演が行われる。

年中無休で営業しており、見学ツアーも一日数回提供されている。

ゲーテアヌム建設計画[編集]

1907年神智学協会ミュンヘンで国際会議を開催したときに、シュタイナーはホールを借り切って特別な表現空間を設けた。空間は深紅の布で張り巡らされ、長手方向の壁には葉の形をした柱頭付きの7本の列柱が並ぶというものであった。[1]

この当時の神智学協会関連の舞台公演および会合は、必ず何ものかの妨害を受けた。このため、彼ら固有の理想とする劇場と会合場所を必要とした。当初はミュンヘン市内に用地を探したが、最終的にはスイスのドルナッハに広大な用地を取得し、第1ゲーテアヌムを中心とする建築物群の建設を開始した。[2]

第1ゲーテアヌム[編集]

第1ゲーテアヌム

第1ゲーテアヌムは、1908年から設計が開始され、1913年に定礎され、1920年に、一部が未完成ながらも開館。1922年に完成した。シュタイナー自らが外装・内装の設計を手がけた。完成後はわずか2年間しか実用には供されなかったが、この間、オイリュトミー公演用劇場として用いられた。

彼のこの建築への思考形成はまず内装から始められ、内部空間の造形、外観の造形という順で進められた。[3]

この建物は、2連キューポラ構成を中心としており、円筒状の建物が二つ繋がった所に、長方形の建物が交差する形状をしていた。[4]

2連キューポラのうち、大きな一方には900席の客席が置かれ、もう一方は舞台として用いられた。客席後方にはパイプオルガン聖歌隊席が設置されていた。

二つのドーム天井を持つ構造で、天井にはシンボリックで色彩的な天井画が描かれており、壁面には大きなステンドグラスを持っていた。

建物の最高点は地上34メートル、ホール最深部から天井までの高さは26メートル、もっとも長い柱は14メートルであった。[5]

1922年12月31日、この第1ゲーテアヌムは何ものかによって放火され、焼失した。[6]

現在は、ミュンヘンのピナコテーク・デア・モデルネに模型が置かれている。

第2ゲーテアヌム[編集]

第2ゲーテアヌム西側
第2ゲーテアヌム南側
中央講堂内部

第1ゲーテアヌム焼失後、シュタイナーはすぐに第2ゲーテアヌムの構想にとりかかり、粘土を用いて模型を製作した。設計図についてはプロの建築家の協力を得ながら、外観の設計を完了した。しかし、内装の設計を行う事なく、1925年、着工直後にシュタイナーは死去した。内装の設計を行わなかった理由の一つとして、「第1ゲーテアヌムの再現でよい」という考えを持っていたからではないかと考えられる。[7]

1926年に上棟式を行い、1928年には未完成ながら開館したが、1929年に、完成にはほど遠い状態で第2ゲーテアヌムは一旦閉鎖され、その後、長期間をかけて建設を完了した。[8]

第2ゲーテアヌムは、マイケル・ブレナンによって「表現主義芸術の真の傑作」と讃えられ、また、スイスの国定史跡として指定されている。

中央講堂(ホール)は約1000席の客席を持ち、第1ゲーテアヌム同様天井画が描かれ、側面にはステンドグラスがはめ込まれ、客席後方にはパイプオルガンが設置されている。1950年代半ばから、1990年代半ばにかけて、中央講堂の再設計が行われた。

なお、これらの天井画やステンドグラスなどは、第1ゲーテアヌムに設置されていたものの忠実な再現である。

彫刻『人類の代表者』

第1ゲーテアヌムに置かれていた、シュタイナーとエディス・マリオンの共作による、9メートルの高さの木製彫刻『人類の代表者』も、専用ギャラリーに展示されている。

建築の特徴[編集]

シュタイナーの建築は、伝統的な建築の制約からの解放によって特徴づけられる。第1ゲーテアヌムでは、丸みを帯びた形を構築するため船大工の協力を得た。第2ゲーテアヌムでは、彫刻的な形状を再現するためにコンクリートを積極的に用いた。当時、コンクリートの徹底した使用は画期的であった。

両方のゲーテアヌムに置いて、シュタイナーは霊的に表現力のある形を作成するよう務めた。いずれのゲーテアヌムも、西側から東側へと向かう方向性を内装や人の動線に持たせている。[9]

ゲーテアヌムを訪問し、絶賛した近代の建築家として、フランク・ロイド・ライトハンス・シャロンらがいる。

出典[編集]

  • 『シュタイナーと建築』ペーター・フェルガー、ミケ・シュート、ヨースト・エルファープ共著、中村静夫訳、集文社。

脚注[編集]

  1. ^ ペーター・フェルガー他2名共著、中村静夫訳、(1985)『シュタイナーと建築』9ページ。集文社。
  2. ^ 同上、10〜11ページ。
  3. ^ 同上、11ページ。
  4. ^ 同上、40ページ。
  5. ^ 同上、42ページ。
  6. ^ 同上、11ページ。
  7. ^ 同上、11ページ。
  8. ^ 同上、68ページ。188ページ~189ページ。
  9. ^ 同上、69ページ。

外部リンク[編集]

座標: 北緯47度29分10秒 東経7度37分13秒 / 北緯47.48611度 東経7.62028度 / 47.48611; 7.62028