ゲーザ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲーザ2世

ゲーザ2世II. Géza1130年 - 1162年5月31日)は、ハンガリー王及びクロアチア王。1141年、父ベーラ2世が亡くなってわずか3日後に即位したが、幼少のため母イロナが摂政を務めた。1156年東ローマ皇帝マヌエル1世が差し向けたアンドロニコス・コントステファノス率いる討伐軍に敗北し、息子であるベーラ3世を人質に差し出して東ローマの宗主権を認めることになった。この現状を打開するため、神聖ローマ帝国と結ぼうとしたが、結局死ぬまで東ローマの介入に苦しめられた。

子女[編集]

1146年、キエフ大公ムスチスラフ1世の娘エウフロシネと結婚した。以下の子をもうけている。

先代:
ベーラ2世
ハンガリー王
1141年 - 1162年
次代:
イシュトヴァーン3世
先代:
ベラ1世
クロアチア王
1141年 - 1162年
次代:
スティエパン4世