ゲンナジー・セレズニョフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
ゲンナジー・セレズニョフ
Геннадий Николаевич Селезнев
Gennady Seleznyov.jpg
ゲンナジー・セレズニョフ
生年月日 1947年11月6日(67歳)
出生地 スヴェルドロフスク州セローフ市
出身校 職業技術学校
前職 旋盤工、ジャーナリストプラウダ編集長、ソ連共産党中央委員
所属政党 ソ連共産党ロシア連邦共産党ロシア再生党ロシアの愛国者

任期 1996年1月17日 - 2003年12月29日
大統領 ボリス・エリツィン
テンプレートを表示

ゲンナジー・ニコラエヴィッチ・セレズニョフロシア語: Геннадий Николаевич СелезневGennnadii Nikolaevich Seleznyov1947年11月6日 - )は、ロシア政治家ジャーナリストロシア連邦議会下院国家会議議長。

1947年11月6日ソビエト連邦ロシア連邦共和国スヴェルドロフスク州セローフ市に生まれる。1964年レニングラードの職業技術学校を卒業し、レニングラードの企業で旋盤工として働く。1966年から二年間兵役に就く。兵役後1968年から職業技術学校でコムソモール活動に従事する。1970年ソ連共産党に入党する。1974年レニングラード大学ジャーナリズム学部を卒業する。同年レニングラード州新聞「スメーナ」の副編集長となり、翌1975年編集長となる。1980年コムソモール中央委員会宣伝扇動部第一副部長。「コムソモリスカヤ・プラウダ」紙編集長、教員新聞編集長、1991年プラウダ」紙編集長を歴任する。この間1990年7月ソ連共産党中央委員に選出された。1991年のソ連8月クーデターでソ連共産党が活動停止した後もプラウダの編集に当たった。ソ連崩壊後、ロシア連邦共産党の結成に参加する。

1993年12月連邦議会下院期国家会議選挙に共産党から立候補し当選する。1995年12月下院選挙に共産党から比例区で立候補し再選。この選挙でロシア連邦共産党は躍進し、共産党などを背景にセレズニョフは1996年1月下院議長に選出される。セレズニョフは硬軟自在の手腕で巧みに議会運営に当たるが、その中でエリツィンや政権幹部とも妥協をしたため、共産党党首のゲンナジー・ジュガーノフと次第に対立するようになり、2000年中道左派の政治ブロック「ロシア」を結成し、ジュガーノフと袂を分かつ。2002年共産党から除名され、ロシア再生党を結成した。

2008年ロシア大統領選挙に立候補を表明したが、真剣には受け取られず結局、立候補は断念した。2007年ロシア下院選挙には、ロシアの愛国者から立候補したが、落選した。

外部リンク[編集]