ゲロ (オストマルク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲロ1世(Gero I, 900年 - 965年5月20日)は、10世紀ドイツザクセンオストマルク地方の領邦君主(在位:937年/941年 - 965年)。マグヌスラテン語で偉大という意味)と呼ばれた。子はティートマール1世

初めは、メルセブルク(Merseburg)を中心とした小規模な領土を治めていたにすぎなかったが、その後広大な領土に拡大した。それらは彼の名を取ってゲロ辺境伯領呼ばれた。そして、10世紀中葉におけるドイツ東方進出の指導者でもあった。

関連項目[編集]