ゲルハルト・クロップファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1942年のゲルハルト・クロップファー

ゲルハルト・クロップファーGerhard Klopfer1905年2月18日1987年1月29日)は、ナチス・ドイツの政治家。ナチ党官房長マルティン・ボルマンの補佐官。

略歴[編集]

ドイツ帝国プロイセン王国シレジア(現ポーランド)のシュライバースドルフde:Schreibersdorf (Klein Strehlitz))出身。法律と経済を学ぶ。1931年にデュッセルドルフの裁判官となる。

1933年に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)と突撃隊(SA)に入党。1935年に副総統ルドルフ・ヘスの事務所のスタッフとなる。またこの際に上司のヘスと同様に親衛隊(SS)名誉隊員となり、親衛隊上級大佐(SS-Oberführer)となり、1944年には親衛隊中将(SS-Gruppenführer)に昇進している。

党官房の中でマルティン・ボルマンの副官の地位を手に入れた。1942年1月20日、ラインハルト・ハイドリヒが主催したヴァンゼー会議に出席した。1945年にベルリンの戦いが始まるとベルリンから逃亡した。戦後、戦犯として逮捕されたが、証拠不十分で釈放された。その後、ウルムで税務アドバイザーとなった。彼はヴァンゼー会議の出席者の中で最も長生きした。1987年に死去。

BBCの映画「謀議」(Conspiracy)ではイアン・マクニースen:Ian McNeice)がクロップファーを演じた。

外部リンク[編集]