ゲルトルート・フォン・ザクセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲルトルート・フォン・ザクセン(Gertrud von Sachsen, 1115年4月18日 - 1143年4月18日)は、中世ドイツの女性でバイエルン公ザクセン公ハインリヒ10世(傲岸公)の妃。父はザクセン公兼神聖ローマ皇帝ロタール3世、母はリヒェンツァ・フォン・ノルトハイム

1127年5月29日グンツェンレにおいてヴェルフ家のハインリヒ10世と結婚、1129年に一人息子のハインリヒ(獅子公)を産んだ。ハインリヒ10世は1126年にバイエルン公となり、舅の死後ザクセン公となった。

ハインリヒ10世が1139年に亡くなった後、ゲルトルートは1142年5月1日オーストリア辺境伯ハインリヒ2世と再婚したが、翌1143年に子供を儲けないまま没した。

外部リンク[編集]