ゲリー・ノイゲバウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲリー・ノイゲバウアー (Gerry (Gerald) Neugebauer、1932年 - )はドイツ生まれのアメリカ合衆国の天文学者。赤外線天文学の分野で貢献した。

ドイツのゲッティンゲンに生まれたが、7歳でアメリカ合衆国に移りコーネル大学で学んだ。カリフォルニア工科大学で博士号を取得した。カリフォルニア工科大学の教授、パロマー天文台の所長(1981年から1990年)などを務めた。

1960年代半ばからノイゲバウアーらは赤外線領域の波長による全天の一覧表を作成し、20,000程度の赤外線源を観測した。その中には1967年にエリック・ベックリンとともに発見したオリオン星雲内の強い赤外線源が含まれ、この天体はベックリン・ノイゲバウアー天体(BN天体:BNO)と名付けられた。BN天体は大質量の若い天体であると考えられている。惑星の赤外線観測や、赤外線観測衛星(IRAS)の運用やハワイのケック天文台の建設を指導した。

1986年にアメリカ芸術科学アカデミーからランフォード賞を受賞したほか、多くの賞を受賞した。