ゲラン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲラン酸
Geranic acid
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 459-80-3
PubChem 5275520
ChemSpider 4439624 チェック
特性
化学式 C10H16O2
モル質量 168.24 g/mol
外観 無色の液体
匂い ウッディ調を基調とした、グリーン香・フローラル香。
密度 0.97 g/cm3(液体)
沸点

250℃

への溶解度 不溶
溶解度 アルコール・油類に可溶
危険性
半数致死量 LD50 3.7g/kg(ラット、経口)
関連する物質
関連する オクタン酸
関連物質 ゲラニオール
ゲラニアール
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ゲラン酸(ゲランさん、: geranic acid)は、化学式C10H16O2で表される有機化合物。特有の香りを持つ無色の液体で、シス型トランス型幾何異性体がある。合成精油の調合原料として使用される[1]

用途[編集]

天然には柑橘類の果実やトマトワインなどに存在する。工業的にはシトラールの酸化、またはメチルヘプテノンからブロモ酢酸エステルとの反応により得られる。ゼラニウムクラリセージなどの合成精油の調合原料、フローラル・ハーバル・ウッディタイプの香料にも添加される。市販品はトランス型を主体としたシス型との混合品である[1]

安全性[編集]

ラットに経口投与した実験での半数致死量(LD50)は3.7g/kg、ウサギに経皮投与した場合のLD50は1.75g/kg[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『合成香料 化学と商品知識』印藤元一著 2005年増補改訂 化学工業日報社 ISBN 4-87326-460-x