ゲティ財団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲティ財団
J. Paul Getty Trust
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
設立 1982年
ジャン・ゲティ
業種 非営利団体
事業内容 世界の芸術作品の理解を深め収集することを通し、更なる見識を得る。
代表者 James Bash Cuno
総資産 42億ドル
外部リンク http://www.getty.edu
テンプレートを表示

The ゲティ財団は、芸術機関としては世界一の資産を保有し、その額は2009年4月現在、42億ドル程であると推定される。[1] アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスにあるゲティ・センターとロサンゼルスのマリブ海岸沿いにあるゲティ・ヴィラの2箇所にあるゲティ美術館を運営している。その他、ゲティ基金ゲティ研究所ゲティ保存修復研究所がある。

概要[編集]

ゲティ美術館財団は、1953年、石油王であったジャン・ゲティにより設立された。ゲティは1976年に死去し、6億6000万ドル相当の石油を含む遺産をゲティ財団に残した。相続問題で対立があったものの、1982年に財団はゲティの全ての遺産を受け取った。1982年、財団は新たなプログラムを発足させ、1983年には法人名をゲティ財団とした。[2]

2006年12月4日、財団は、前年に辞任を余儀なくされたバリー・マリッズに代わり、前・シカゴ美術館館長で美術史家のジェームス・ウッドが財団理事長兼、最高経営責任者に就任すると発表した。[3][4] 2009年、ウッドは財団の資産の大幅な減少により、ゲティ美術館を主に、従業員100人を削減した。 ゲティ美術館とゲティ・ヴィラの駐車料金は50%増の15ドルとなった。.[5] ウッドは2010年6月12日に死去した。[6]

日本との関わり[編集]

財団は世界的に著名な芸術家の作品を数多く保有しているが、2009年、アジアの写真に焦点を当てることを打ち出し、山本悍右濱谷浩などの作品を購入することを決定した。(The J. Paul Getty Trust 2009 Report、Los Angeles Timesより)[7][8]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ Edward Wyatt, "Getty Fees and Budget Reassessed," The New York TImes, April 30, 2009, p. C1.
  2. ^ Miller, Russell, House of Getty (London: BBC Audiobooks America, 1987); ARTnews, April 1984.
  3. ^ The Big Payoff, Time.
  4. ^ Wood to Take Over J. Paul Getty Trust, The Washington Post.
  5. ^ Wyatt, Ed. "Getty Fees and Budget Are Reassessed", The New York Times, April 29, 2009. Accessed June 21, 2010.
  6. ^ Roderick, Kevin. James N. Wood, Getty Trust CEO was 69, LA Observed, June 12, 2010. Accessed June 12, 2010.
  7. ^ Los Angeles Times - At the Getty, a focus on Asian photographs
  8. ^ The J. Paul Getty Trust 2009 Report(pdf)

外部リンク[編集]