ゲシュタルト崩壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲシュタルト崩壊(ゲシュタルトほうかい、: Gestaltzerfall)とは、知覚における現象のひとつ。 全体性を持ったまとまりのある構造(Gestalt, 形態)から全体性が失われ、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象をいう。幾何学図形文字など、視覚的なものがよく知られるが、聴覚皮膚感覚においても生じうる。

概要[編集]

1947年、V・C・ファウスト(V. C. Faust)によって失認の一症候として報告されたが、持続的注視に伴って健常者にも生じることが知られるようになった[1]認知心理学の視点から「文字のゲシュタルト崩壊」が研究されている。これは、例えば同じ漢字を長時間注視しているとその漢字の各部分がバラバラに見え、その漢字が何という文字であったかわからなくなる現象である。近年では、意味飽和[2][3]との関連も指摘されている[1]が、ゲシュタルト崩壊の発生要因については未解明な部分が多く、静止網膜像のように消失が起きないことなどから、感覚器疲労順応によるのではなく、「比較的高次な認知情報処理過程によって発生する」[1]ことがわかる程度である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 二瀬由理・行場次朗「持続的注視による漢字認知の遅延: ゲシュタルト崩壊現象の分析」(『心理学研究』第67巻第3号, 1996年8月)
  2. ^ 例えば平仮名の「あ」を長時間凝視したり、連続して大量に書き続けた場合、「あ」という文字はこんな字だったか?と思ってしまう現象である。
  3. ^ 仁平義明「からだと意図が乖離するとき」『アクティブ・マインド』佐伯胖・佐々木正人編 東京大学出版会 1990年 参照

関連項目[編集]