ゲオルク (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルン公ゲオルク

ゲオルク(George, 1455年8月15日 - 1503年12月1日)は、最後の下バイエルン=ランツフートルートヴィヒ9世ザクセン選帝侯フリードリヒ2世の娘アマリアの子。

1475年ポーランド王カジミェシュ4世の娘ヤドヴィガランツフートで結婚した。この結婚式は盛大に執り行われ、ランツフートの結婚式として現在も4年に1度の祭典として開催される。

しかし、3人の息子に先立たれた為、甥で婿でもあるループレヒト(妹マルガレーテとプファルツ選帝侯フィリップの3男)を後継者に指名した。これに遠縁の上バイエルン=ミュンヘンアルブレヒト4世が反対、ゲオルクの死後ランツフート継承戦争が勃発、1505年にアルブレヒト4世がランツフートの大半を相続、残りはゲオルクの外孫にあたるオットー・ハインリヒ(ループレヒトの息子、ループレヒトは戦争中に急死)がプファルツ=ノイブルク公として領有した。

子女[編集]

ヤドヴィガとの間に5人の子が生まれた。

  1. ルートヴィヒ(1476年 - 1496年)
  2. ループレヒト(1477年)
  3. エリーザベト(1478年 - 1504年) - プファルツ選帝侯フィリップの3男ループレヒトと結婚。プファルツ=ノイブルク公オットー・ハインリヒの母。
  4. マルガレーテ(1480年 - 1531年)
  5. ヴォルフガング(1482年)
先代:
ルートヴィヒ9世
下バイエルン=ランツフート
1479年 - 1503年
次代:
アルブレヒト4世