ゲオルク・ヴィルヘルム・リヒマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
球雷に撃たれたゲオルク・リヒマン

ゲオルク・ヴィルヘルム・リヒマン(Georg Wilhelm Richmann/キリル文字Георг Вильгельм Рихман, 1711年7月22日ユリウス暦 7月11日) - 1753年8月6日ユリウス暦 7月26日))はロシアに在住したドイツ物理学者

1711年にスウェーデンリヴォニアパルヌ(現在はエストニアの都市)に住むバルト・ドイツ人の家庭に生まれる。なお、リヴォニア地方は当時起っていた大北方戦争1700年-1721年)の結果、ロシア帝国領となっている。父親は彼が産まれる前に疫病により死亡しており、母親は再婚した。リヒマンは若い頃はレバル(現在のエストニアの首都タリン)で、その後はドイツのハレイェーナの大学で学んだ。

1741年にリヒマンはロシア帝国サンクトペテルブルク科学アカデミーの会員になった。彼はミハイル・ロモノーソフと共同で電気学、大気電気学、熱量測定などの先駆的な研究に取り組んだ。また、アンドレイ・オステルマン伯爵の子供達の家庭教師を務め、1741年にアレキサンダー・ポープの『人間論』をフランス語からドイツ語に翻訳した。

1753年サンクトペテルブルクにて実験の最中に窓から飛来した球電に直撃されて感電死した。