ゲオルク・オシアン・サーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Georg Ossian Sars, (1865年頃)

ゲオルク・オシアン・サーシュ(Georg Ossian Sars、1837年4月20日1927年4月9日)はノルウェーの海洋生物学者である。

生涯[編集]

ソグン・オ・フィヨーラネ県のKinn(現、flora)に生まれた。父親は牧師で動物学者のミハエル・サーシュ(Michael Sars:1805–1869)である。兄は歴史家のアーンスト・サーシュ(Ernst Sars: 1835-1917)で、妹はメゾソプラノ歌手のエヴァ・ナンセン(Eva Helene Nansen:1858–1907)である。HordalandのMangerで育ち、1852年からベルゲンカセドラルスクールで学び、クリスチナ大学(現在のオスロ大学)で医学を学び、生物学に興味を持ち、Wilhelm Lilljeborgのもとで、地元の湖で水棲生物を集めた。新種を発見し、最初の生物学の論文を執筆した。優れた記憶力と図の描写力を持ち、父親の動物学研究の図版を描いた。

プランクトン研究のパイオニアで、政府の援助をうけてノルウェー沿岸の魚類の研究を行った。サーシュの発見の一つはタラの産卵地に関するものである。甲殻類やその分類を研究し、多くの新種の記載を行った。『ノルウェーの甲殻類詳述』(An Account of the Crustacea of Norway)が主著である。1910年にリンネ・メダルを受賞した。

多くの海洋無脊椎動物に献名されており、学術誌のSarsiaのタイトルにも命名されている。ノルウェーの海洋調査船「G.O.Sars」号にも命名されている。

著書の図版[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]