ゲオルク・エーレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲオルク・エーレット

ゲオルク・ディオニシウス・エーレット(Georg Dionysius Ehret, 1708年1月30日 - 1770年9月9日)は、ドイツ植物画家植物学者昆虫学者である。

ハイデルベルクで生まれた。父親の死後、母親がハイデルベルク選帝侯庭師と再婚したことから、ハイデルベルクの近くに庭師の見習いになった[1]ヨハン・ヴィルヘルム・ヴァインマンと知り合い、ヴァインマンの『花譜』の図版も一部描いたが、報酬の支払いを巡ってヴァインマンと仲たがいし、イギリスへ移住して活動をはじめ、ヨーロッパで有名な植物画家の1人に数えられるようになった。1735年から1736年の間に、博物学者のカール・フォン・リンネオランダ銀行家オランダ東インド会社ジョージ・クリフォード3世に雇われて最初の博物画を描いた。ハールレムの南のクリフォードの屋敷でリンネの『クリフォート邸植物』(Hortus. Cliffortianus, 1738年)の図版を描いた。これは初期の植物画の傑作とされている。1757年にロンドン王立協会のフェローに選出された[2]

エーレットの原画は、ロンドン自然史博物館キュー植物園、王立協会やエアランゲン大学博物館に保存されている。

作品[編集]

  • Methodus plantarum sexualis (1736)
  • Hortus nitidissimis (in 3 volumes, 1750-1786)
  • The Natural History of Barbados,, Griffith Hughes, 1750.
  • Plantae et papiliones rariores. (1748-1759):18の図版をエーレットが自ら版を刻み彩色した。植物と蝶をくみあわせた構図が多い。
  • Illustrations for Plantae selectae by Christoph Jakob Trew.
  • Illustrations for Hortus Kewensis by William Aiton (in 3 volumes, 1789)
  • Illustrations for Patrick Browne's spectacular The Civil and Natural History of Jamaica in three parts published in 1756.

作品の画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 植物図鑑ライブラリ『美花図譜 ウエイマン植物図集選』解説木村陽二郎八坂書房
  2. ^ Ehret; Georg Dionysius (? 1710 - 1770); Botanical illustrator” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年6月1日閲覧。