ゲイリー・ラフヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲイリー・ラフヘッド
Gary Roughead
ADM Gary Roughead CNO.jpg
ゲイリー・ラフヘッド、2007年
生誕 1951年7月15日
ニューヨーク州
バッファロー
所属組織 United States Department of the Navy Seal.svgアメリカ海軍
軍歴 1973 - 2011
最終階級 海軍大将
テンプレートを表示

ゲイリー・ラフヘッド(Gary Roughead、1951年7月15日 - )は、アメリカ海軍の軍人、大将。第29代アメリカ海軍作戦部長

経歴[編集]

ヴァリー・フォージ軍学校卒業後、1969年海軍兵学校入学。1973年6月に卒業し、海軍に入隊する。

下級士官であった頃には、「CG-27 ジョセファス・ダニエルズ」、「PGM-92 タコマ」、「DD-987 オバノン」、「DD-963 スプルーアンス」などに乗り組み勤務した。

その後、大西洋艦隊や海軍兵学校での勤務および海軍長官付補佐官などを経て、「CG-73 ポート・ロイヤル」と「DDG-52 バリー」の指揮を執る。

ペルシャ湾地中海海域に展開する、「CVN-73 ジョージ・ワシントン空母打撃群司令官に就任。

2007年3月19日艦隊総軍司令官に就任。同年7月27日に次期海軍作戦部長に指名され、9月29日に同職に就任した。 2011年9月23日に退役。

外部リンク[編集]

2007年10月12日、ラテン・アメリカカリブ海諸国への4ヶ月にわたる人道支援(医療支援)任務から帰還し、大西洋上で停泊中の病院船コンフォート (T-AH-20)の艦上で乗組員たちにスピーチをするラフヘッド。
先代:
マイケル・マレン
アメリカ海軍作戦部長
第29代:2007 -2011
次代:
ジョナサン・グリーナート