ゲイリー・スティーヴンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲイリー・スティーヴンス

ゲイリー・スティーヴンスGary Lynn Stevens1963年3月6日 - )はアメリカ競馬騎手アイダホ州カルドウェル出身。

略歴[編集]

父は馬の調教師で兄も競馬騎手。アメリカを代表する騎手であった。1979年にアイダホ州・レボワパーク競馬場で騎手デビュー。1990年1998年には全米リーディングジョッキーの座に就くなど活躍し、1997年にはアメリカ競馬殿堂(ホールオブフェイム)に選出された。1999年イギリスマイケル・スタウト厩舎の主戦騎手として騎乗したが、同年冬、持病となっていた右膝の関節炎が悪化したため(1度目の)現役引退。

2000年、アメリカ西海岸地区で現役に復帰。2003年にアメリカの雑誌「PEOPLE」誌の「世界で最も美しい50人」のうちの1人に選ばれた(この50人の中には歌手フェイス・ヒルハリー・ベリーも含まれる)。同年、アメリカで公開された映画『シービスケット』では主役のポラードトビー・マグワイア)のライバル‘アイスマン’ウルフを演じた。全米での映画公開後にレース中に落馬。2004年にはフランスアンドレ・ファーブル厩舎で専属契約を結び、約半年の間ふたたびヨーロッパで騎乗した。2005年11月26日に減量苦とそれに起因する騎乗回数減少をおもな理由[1]として(2度目の)現役引退。

2013年1月、2度目の現役復帰[2]。同年5月のプリークネスステークスオクスボウに騎乗し優勝した。

日本では1991年に初めて騎乗し、同年のジャパンカップゴールデンフェザントで優勝するなど、通算26戦して3勝を挙げ、ワールドスーパージョッキーズシリーズにも参加している。また、2002年5月25日には、ベルモントパーク競馬場の重賞・ピーターパンステークス (G2) において、日本産馬でファレノプシス半弟サンデーブレイクで勝利している。

主なGIタイトル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]