ケープ半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケープタウン周辺の鳥瞰図
ケープポイント
喜望峰

ケープ半島(ケープはんとう、英語: Cape Peninsula)は、南アフリカ共和国西ケープ州にある半島アフリカ大陸南西部の先端に位置する。

概要[編集]

全長は約75 km。南端には喜望峰ケープポイントがある。北部には、テーブルマウンテンがある。テーブルマウンテン国立公園に指定されており、またケープ植物区保護地域群として世界遺産に登録されている。


大西洋インド洋の境界点は喜望峰ではなく、国際水路機関によって南東に約200kmのアガラス岬と規定されている。

歴史[編集]

約6000万年前までは島であったが、海底からケープフラッツが出現したことにより陸続きとなった。2000年の自治体再編により、ケープ半島全体はケープタウン市都市圏に含まれている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

テーブルマウンテン