ケーテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Wappen Koethen.png Lage des Landkreises Köthen in Deutschland.png
基本情報
連邦州: ザクセン=アンハルト州
郡 (Landkreis): アンハルト=ビッターフェルト郡
標高: 海抜 80 m
面積: 78.42 km²
人口:

27,861人(2011年12月31日現在) [1]

人口密度: 355 人/km²
自治体コード: 15 0 82 180
市庁舎の住所: Marktstraße 1-3
06366 Köthen (Anhalt)
ウェブサイト: www.koethen-anhalt.de
行政
市長: クルト=ユルゲン・ツァンダー
(Kurt-Jürgen Zander) (SPD)

座標: 北緯51度45分0秒 東経11度55分0秒 / 北緯51.75000度 東経11.91667度 / 51.75000; 11.91667

ケーテン市庁舎
ケーテン城(Schloß Köthen)
J.S.バッハ記念碑(バッハ広場)

ケーテンKöthen)は、ドイツ連邦共和国ザクセン=アンハルト州に属する郡市 (Kreisstadt)。人口は約3万人(2007年)。

地勢[編集]

ハレ市の北約30kmに位置し、ザクセン州ライプツィヒ市からも北西約50kmに位置する。

歴史[編集]

古くはCöthenと綴られた。1603年アスカーニエン家アンハルト侯国が分家して、アンハルト=ケーテン侯国として神聖ローマ帝国帝国領邦となった。1806年には公国に昇格するが、1847年に家系断絶。1863年デッサウアンハルト=デッサウ公国に併合され、ドイツ帝国の構成国アンハルト公国の一部となった。1949年から1990年までは旧東ドイツ領に属した。

文化[編集]

作曲家ヨハン・ゼバスティアン・バッハが、1717年から1723年までアンハルト=ケーテン侯レーオポルトの下で宮廷楽長として仕えていたことで知られる。

侯家の信仰がカルヴァン派であり、17世紀から18世紀にかけてフランスからユグノー教徒の亡命を受け入れていたため、その宮廷はフランス文化の影響が大きかった。侯国時代に建てられたフランス・バロック風の領主宮殿(Schloß Köthen)が現存し、博物館として公開されている。

関連項目[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]