ケーダリオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーリーオーンの肩に乗るケーダリオーン。ニコラ・プッサン作『日の出を探す盲目のオリオン』(1658年/メトロポリタン美術館所蔵)の一部

ケーダリオーン古希: Κηδαλίων, Kēdaliōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してケダリオンとも表記される。ケーダリオーンはナクソス島鍛冶師で、ヘーラーヘーパイストスをケーダリオーンのところに連れて行って鍛冶を教えるよう願ったので、ケーダリオーンは9年間ヘーパイストスに鍛冶を教えた[1]。一説にケーダリオーンはヘーパイストスに仕えた少年で、オイノピオーンによって盲目にされたオーリーオーンレームノス島にやって来て、ケーダリオーンをさらい、肩に乗せられたケーダリオーンから太陽が昇る方向を教えてもらったので、オーリーオーンの眼は癒えたという[2]

なお、ソポクレースサテュロス劇『ケーダリオーン』を書いたが散逸した。

オーリーオーンの肩に乗るケーダリオーン。(1410年頃の百科事典的な写本より/南ドイツ/アメリカ議会図書館所蔵)

脚注[編集]

  1. ^ イーリアス』古註、14巻296。
  2. ^ ヘーシオドス断片、148a。

参考文献[編集]

  • 『ギリシア悲劇全集11 ―ソポクレース断片』、岩波書店(1991年)
  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、岩波書店(1960年)