ケーシー・フィッツランドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

ソルトレイクシティオリンピック後、上院議員ハーブ・コールと。
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 スピードスケート
オリンピック
2002 ソルトレイクシティ 500m

ケーシー・フィッツランドルフ(Casey J. FitzRandolph、1975年1月21日-)は、ウィスコンシン州ヴェロナ出身のスピードスケート選手である。

1997年、フィッツランドルフは、ハーマルで行われた世界スプリントスピードスケート選手権大会で銅メダルを獲得した。2001年の世界距離別スピードスケート選手権大会500mでも銅メダルを獲得した。

これまでのベストイヤーは2002年で、ハーマルで行われた世界スプリントスピードスケート選手権大会で銀メダルを、ソルトレイクシティオリンピックでは、500mでオリンピック記録を打ち立ててチャンピオンになった。これは、1980年のエリック・ハイデン以来のアメリカ人によるオリンピック男子500m制覇となった。

2006年のトリノオリンピックでは、500mで12位、1000mで9位の成績であった。

フライング疑惑[編集]

2002年ソルトレイクシティオリンピック500mの一本目のスタートが「フライングではないか?」との疑惑が持ち上がった。ピストルが鳴った瞬間、フィッツランドルフの腕はすでに大きく動いていたように見えた。当時の日本の解説者も「今のは明らかにフライングでしょう」「あれだけ他の選手のフライングを厳しく取っていながら、これを見逃すというのは、何か意図的なものを感じますね」とコメントしていた。なお、この判定をしていたのはアメリカの審判だった。結局、判定は覆えらず、フィッツランドルフは金メダルを獲得した。今大会はこのフライングに限らず、フィギュアスケート(ソルトレイクシティオリンピックにおけるフィギュアスケート・スキャンダル)、ショートトラック(金東聖#ソルトレイクシティオリンピックでの失格)、スキーなどで不可解な判定が続発した。これについて専門家[誰?]は、アメリカ同時多発テロ事件の翌年ということもあり、アメリカが国威発揚のために圧力をかけたと評価している[1]。当時の森喜朗内閣総理大臣も清水宏保との対談で、「あれはフライングだろ」と発言していた。

脚注[編集]

  1. ^ 『Number』2002年3月号より

外部リンク[編集]