ケーキリア・アヴ・スヴェーリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツェツィーリエ大公妃

ケーキリア・アヴ・スヴェーリエ(Cecilia av Sverige, 1807年6月22日 - 1844年1月27日)は、オルデンブルク大公パウル・フリードリヒ・アウグストの3番目の妃。ドイツ語名ではツェツィーリエ・フォン・シュヴェーデンCäcilie von Schweden)と呼ばれた。

スウェーデングスタフ4世アドルフと王妃フリーデリケの次女としてストックホルムで生まれた。姉にバーデン大公妃ソフィア・ヴィルヘルミナがいる。

1831年にホルシュタイン=ゴットルプ家の同族で父の又従弟に当たるパウル・フリードリヒ・アウグストと結婚、3子をもうけた。

  • アレクサンダー・フリードリヒ・グスタフ(1834年 - 1835年)
  • ニコラウス・フリードリヒ・アウグスト(1836年 - 1837年)
  • アントン・ギュンター・フリードリヒ(1844年 - 1895年)