ケヴィン・レイノルズ (フィギュアスケート選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ケヴィン・レイノルズ
Kevin Reynolds
Figure skating pictogram.svg
Reynolds 2008NHK by Carmichael.jpg
2008年NHK杯フリースケーティング
基本情報
代表国: カナダの旗 カナダ
生年月日: 1990年7月23日(23歳)
出生地: カナダ ノースバンクーバー
身長: 5' 10" =約177.8
コーチ: ジョアン・マクラウド[1]
振付師: シェイ=リーン・ボーン
ローリー・ニコル
宮本賢二
元振付師: タチアナ・タラソワ
ジョアン・マクラウド[1]
メーガン・ウィング
アーロン・ロウ
所属クラブ: バンクーバーSC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 250.55 2013 四大陸選手権
ショートプログラム: 85.16 2013 世界選手権
フリースケーティング: 172.21 2013 四大陸選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
2014 ソチ 団体戦

ケヴィン・レイノルズ英語: Kevin Reynolds, 1990年7月23日[2] - )は、カナダフィギュアスケート選手(男子シングル)。

2014年ソチオリンピック団体戦銀メダリスト。2013年四大陸選手権優勝。

2010年スケートカナダにおいて、ISU公式戦で初めて1つのショートプログラムで2度の4回転ジャンプ(4回転サルコウ-3回転トウループ、4回転トウループ)を成功させた選手である。

経歴[編集]

1990年7月23日カナダブリティッシュコロンビア州ノースバンクーバーで生まれる。4歳のときにスケートを始めた。もともとアイスホッケーを練習していたが、7歳でフィギュアスケートを始め[1][3]、13歳まではフィギュアスケートとアイスホッケーを平行して行っていた[4]。9歳からジョアン・マクラウドに師事すると、わずか1年で3回転サルコウ、3回転トウループを習得[3]。ノービス時代は2002年と2003年にトリグラフトロフィーで優勝、2003年にはカナダ選手権ノービスチャンピオンとなった。当時から4回転ジャンプには取り組んでいた[1]

2004-2005シーズンからISUジュニアグランプリに参戦し、2006年世界ジュニア選手権で4回転サルコウに成功した[5]。2006-2007シーズン、JGPメキシコ杯でJGP初優勝。初めて駒を進めたJGPファイナルで2種類の4回転に挑戦し[6]、3位となった。

2007-2008シーズンからはISUグランプリシリーズに参戦。2007年ロシア杯において、ISU公式競技会では世界初となる4回転サルコウからの3連続コンビネーションジャンプ(4回転サルコウ-3回転トウループ-2回転ループ)に成功[7]。また、2008年カナダ選手権(ISU非公式)では4回転トウループ-3回転トウループ-3回転ループのコンビネーションジャンプを成功させている[2][8]

2010年の四大陸選手権では3位となり、シニアのISUチャンピオンシップで初めてのメダルを獲得した。2010年スケートカナダのSPにおいて、史上初めて2度の4回転ジャンプに成功した(4回転サルコウ-3回転トウループ、4回転トウループ)。

2011-2012シーズン、カナダ選手権のフリースケーティングで4回転ループに挑戦。成功とはならなかったが、史上初の試みとなった。国別対抗戦で来日した際に、日本のゲームソフトクロノ・トリガーのメドレーを使用し演技したことが話題となった。[9]

2012-2013シーズン、カナダ選手権では2年連続の2位。四大陸選手権のFSでは史上6人目となる3度の4回転ジャンプに成功して、シニアの大会で初優勝。世界選手権では自己最高の5位となった。

2013-2014シーズン、ジャパンオープンは膝の炎症のために欠場。中国杯はスケート靴の問題で欠場。[10]同じ理由でロステレコム杯も欠場した。[11]カナダ選手権では2位。ソチオリンピックの団体戦はFSに出場し3度の4回転ジャンプに成功し2位、銀メダルを獲得した。

主な戦績[編集]

2009-2010シーズンまで[編集]

大会/年 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
冬季オリンピック 15
世界選手権 11 20 12 5 11
四大陸選手権 3 11 8 1
世界国別対抗戦 8 3
カナダ選手権 3 4 2 2 2
GP中国杯 8 7 5
GPNHK杯 6
GPエリック杯 4 棄権
GPスケートカナダ 4
GPスケートアメリカ 6
ネペラ記念 4

2008-2009シーズンまで[編集]

大会/年 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09
カナダ選手権 1 N 4 J 2 J 9 11 6 4
GPNHK杯 4
GPスケートアメリカ 9 4
GPロシア杯 8
世界Jr.選手権 7 5 6 9
JGPファイナル 3
JGP台湾杯 2
JGPメキシコ杯 1
JGPクロアチア杯 8
JGPアンドラ杯 4
JGPスケートロングビーチ 5
トリグラフトロフィー 1 N
  • N = ノービスクラス、J = ジュニアクラス

詳細[編集]

2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 15
68.52
10
146.99
11
215.51
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 17
68.76
10
153.47
15
222.23
2014年2月6日-22日 ソチオリンピック 団体戦(ソチ - 2
167.92
2
団体
2014年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 3
78.29
2
164.16
2
242.45


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月11日-14日 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 9
73.52
2
164.13
3
237.65
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 3
85.16
7
154.82
5
239.98
2013年2月8日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 6
78.34
1
172.21
1
250.55
2013年1月13日-20日 カナダフィギュアスケート選手権ミシサガ 2
85.32
2
175.94
2
261.26
2012年11月23日-25日 ISUグランプリシリーズ NHK杯利府 5
70.20
6
146.06
6
216.26
2012年11月2日-4日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 6
69.87
5
132.20
5
202.07
2012年10月3日-7日 2012年オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 6
52.40
2
139.72
4
192.12


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年4月19日-22日 2012年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 6
78.82
8
142.49
8
221.31
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 12
72.95
13
144.25
12
217.20
2012年2月7日-12日 2012年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 9
68.22
5
135.04
8
203.26
2012年01月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権モンクトン 2
80.81
2
158.63
2
239.44
2011年11月17日-20日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 6
65.56
棄権 -
2011年11月3日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 7
64.31
7
140.10
7
204.41


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 19
64.36
21
122.87
20
187.23
2011年2月15日-20日 2011年四大陸フィギュアスケート選手権台北 8
65.47
11
126.08
11
191.55
2011年1月17日-23日 カナダフィギュアスケート選手権ビクトリア 5
61.76
4
130.09
4
191.85
2010年11月26日-28日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 7
66.13
4
134.00
4
200.13
2010年10月29日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダキングストン 2
80.09
6
138.56
4
218.65


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 14
71.20
8
145.38
11
216.58
2010年1月25日-31日 2010年四大陸フィギュアスケート選手権全州 1
81.60
8
131.39
3
212.99
2010年1月11日-17日 カナダフィギュアスケート選手権ロンドン 5
67.39
2
149.10
3
216.49
2009年11月12日-15日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 10
59.05
5
131.18
6
190.23
2009年10月29日-11月1日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 11
60.12
7
128.35
8
188.47


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月23日-3月1日 2009年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 6
63.81
10
105.55
9
169.36
2009年1月14日-18日 カナダフィギュアスケート選手権サスカトゥーン 3
70.00
5
131.97
4
201.97
2008年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 6
67.51
4
132.23
4
199.74
2008年10月23日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカエバレット 4
67.18
4
137.71
4
204.89


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 13
55.77
4
125.01
6
180.78
2008年1月16日-20日 カナダフィギュアスケート選手権バンクーバー 7
60.10
5
122.48
6
182.58
2007年11月22日-26日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 11
59.46
6
127.23
8
186.69
2007年10月25日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレディング 7
59.25
9
109.87
9
169.12


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年2月26日-3月4日 2007年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オーベルストドルフ 4
59.52
5
118.80
5
178.32
2007年1月15日-21日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 16
50.46
6
119.01
11
169.47
2006年12月7日-9日 2006/2007 ISUジュニアグランプリファイナルソフィア 7
53.08
3
108.22
3
161.30
2006年10月12日-15日 ISUジュニアグランプリ 台湾杯台北 4
52.72
1
116.71
2
169.43
2006年9月14日-17日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ 1
54.19
2
102.00
1
156.19


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月6日-12日 2006年世界ジュニアフィギュアスケート選手権リュブリャナ 7
103.08
11
53.04
5
112.10
7
165.14
2006年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 7
26.40
11
52.69
5
118.58
9
197.67
2005年10月6日-9日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ - 9
44.01
7
94.55
8
138.56
2005年9月8日-11日 ISUジュニアグランプリ アンドラ杯カニーリョ - 4
52.37
3
104.46
4
156.83


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年1月17日-23日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(ロンドン 2
52.28
3
93.32
2
145.60
2004年9月9日-12日 ISUジュニアグランプリ スケートロングビーチロングビーチ 4
53.42
5
93.57
5
146.99


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年1月5日-11日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(エドモントン 6 4 4


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2013-2014 バック・イン・ブラック
サンダーストラック
曲:AC/DC
振付:シェイ=リン・ボーン
Excelsius
作曲:ラリー・グループ
振付:ローリー・ニコル
ハンガリー狂詩曲第2番
作曲:フランツ・リスト
演奏:葉加瀬太郎
振付:宮本賢二

But not for me テレビアニメ『坂道のアポロン』より
作曲:チェット・ベイカー
演奏:類家心平 & 古川昌義 as Junichi performs
2012-2013[12] チャンバーメイド・スイング
作曲:Parov Stelar
振付:シェイ=リン・ボーン
ピアノ協奏曲第4番
作曲:アンドレ・マテュー
振付:宮本賢二
我風
演奏:上妻宏光
振付:宮本賢二
2011-2012 クロノ・トリガー
作曲:光田康典
振付:メーガン・ウィング アーロン・ロウ
モーニン
ドラム・サンダー組曲
演奏:アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャー
振付:シェイ=リン・ボーン
2010-2011 モーニン
ドラム・サンダー組曲
演奏:アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャー
振付:シェイ=リン・ボーン
ヨハン・シュトラウスメドレー
振付:シェイ=リン・ボーン
虹の彼方に
歌:ハリー・コニック・ジュニア
2009-2010 移民の歌
胸いっぱいの愛を
天国への階段
曲:レッド・ツェッペリン
振付:シェイ=リン・ボーン
2008-2009 アルメニアン・フォークミュージック
振付:タチアナ・タラソワ
ヴァルプルギスの夜
作曲:シャルル・グノー
振付:タチアナ・タラソワ
A Foggy Day (In London Town)
歌:マイケル・ブーブレ
2007-2008 Big Noise from Winnetka
演奏:カイル・イーストウッド
パリのカナロ
作曲:Scarpino Caldasella
コルテオシルク・ドゥ・ソレイユ』より
作曲:Philippe Leduc
ヌエベ・デ・フーリオ
作曲:Jose Luis Padula
ヴァイオリン協奏曲
作曲:ヨハネス・ブラームス
エレジー
作曲:ジュール・マスネ
2006-2007[13] アーリントン
ドラマーズ・サリュート
映画「JFK」より
作曲:ジョン・ウィリアムズ
レッツ・ダンス
作曲:Fanny Baldridge,Gregory Stone,Joseph Bonime
ハーレム・ノクターン
作曲:アール・ヘイゲン
Well,Git It
演奏:サイ・オリバー
デュエル
演奏:ボンド
2005-2006 Laughing Buddha
演奏:ヴァネッサ・メイ
Hoedown
曲:ボビー・マクファーリン
Varekai
Ombra
作曲:Violaine Corradi
スネイクフード
演奏:サフリ・デュオ
2004-2005 ピアノ協奏曲ヘ調
アイ・ガット・リズム
作曲:ジョージ・ガーシュウィン

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『ワールド・フィギュアスケート 36』新書館、2009年2月、p.61
  2. ^ a b 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009男子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.85
  3. ^ a b 『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、p.114
  4. ^ [1]
  5. ^ ジャッジスコア
  6. ^ 小坂有紀編『COLORS 2007 フィギュアスケート男子読本』あおば出版、2007年3月、p.113、ジャッジスコア
  7. ^ ジャッジスコア
  8. ^ ジャッジスコア
  9. ^ クロノ・トリガー曲で華麗演技 フィギュアスケートの選手が話題に。
  10. ^ Clock ticking for figure skater Reynolds as he deals with equipment issues
  11. ^ Kevin Reynolds withdraws from 2nd figure skating event
  12. ^ Reynolds wants to become new quad king
  13. ^ 境田優「06-07シーズン振付師相関図」『フィギュアスケートDays vol.2』DAI-X出版、2007年3月、pp.32-35

参考文献[編集]