ケン・ウィリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケン・ウィリス

Ken Willis  No. 1, 3

プレースキッカー
生年月日:1966年10月6日(48歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州オーエンズボロ
身長:5' 11" =約180.3cm 体重:190 lb =約86.2kg
NFLデビュー
1990年ダラス・カウボーイズ
経歴
大学ケンタッキー大学
ドラフト外(1990年
 所属チーム:
通算成績
(1992年までの成績)
通算得点     255点
FG成功     55回/80回(65.5%)
PAT成功     90回/90回(100.0%)
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ケン・ウィリス(Ken Willis 1966年10月6日- )はケンタッキー州オーエンズボロ出身のアメリカンフットボール選手。NFLの3チームで1990年から1992年までプレーした。ポジションはプレースキッカー

ケンタッキー大学でプレーした後、1990年4月にドラフト外でダラス・カウボーイズに入団して[1]プレースキッカーを務めた。1991年にはワシントン・レッドスキンズチップ・ローミラーに次いでNFC2位の118点をあげたがジミー・ジョンソンヘッドコーチは彼より優れたキッカーを求め[2]、1992年にプランB(フリーエージェント制導入前の当時各チームが主力選手37名をプロテクトできた制度)でタンパベイ・バッカニアーズに移籍した[3]。バッカニアーズではシーズン中に解雇されたものの、マット・バーの故障したニューヨーク・ジャイアンツとその2週間後契約しプレーした[4]。足の疲労骨折のため、そのシーズンで選手生活を断念し数学教師となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Still A Long Way To Go”. スポーツ・イラストレイテッド (1990年8月27日). 2010年12月10日閲覧。
  2. ^ Why David Buehler Is Right Man for Dallas Cowboys' Kicking Job”. bleacherreport.com (2010年6月1日). 2010年12月10日閲覧。
  3. ^ All's Fair In Love And Plan B”. スポーツ・イラストレイテッド (1992年3月30日). 2010年12月10日閲覧。
  4. ^ Willis Set to Kick for Giants”. ニューヨーク・タイムズ (1992年11月22日). 2010年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]