ケンポナシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンポナシ
Hovenia dulcis
Hovenia dulcis
分類APG III
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: クロウメモドキ科 Rhamnaceae
: ケンポナシ属 Hovenia
: ケンポナシ H. dulcis
学名
Hovenia dulcis
Thunb.
和名
ケンポナシ(玄圃梨)
英名
Japanese raisin tree
品種
  • オウゴンケンポナシ H. d. f. deviata 

ケンポナシ(玄圃梨、学名: Hovenia dulcis[1])は、クロウメモドキ科ケンポナシ属落葉高木

分布[編集]

東アジア温帯一帯に分布し、日本では北海道の一部から九州まで自生する。

特徴[編集]

初夏に小型の白いが集散花序になって咲く。に直径数ミリの果実が熟す。同時にその根元のが同じくらいの太さにふくらんで、ナシ(梨)のように甘くなり食べられる。これは民間では二日酔いに効くともいわれる[2]。見かけは枝つき干し葡萄のようなので、英語では"Japanese raisin tree"という。

樹皮を煎じてのように飲むこともある。葉に含まれる配糖体 ホズルシンには甘味を感じなくさせる性質がある。ケンポナシ抽出物[3]にはアルコール臭の抑制効果があるという報告もあり[4]、ケンポナシ抽出物はチューイングガムなどに利用される[5]

昔の日本ではテンボノナシと呼び、肥前ではケンポコナシと呼んでいたが、シーボルトは、計無保乃梨(ケンポノナシ)、別名を漢名「シグ」とした。転訛して、ケンポナシとなった[6]

ケンポナシ属[編集]

東アジア温帯に数種ある。

ケンポナシ Hovenia dulcis
ケケンポナシ Hovenia trichocarpaHovenia tomentella
本州四国にはよく似たケンポナシよりも多く生えている。これは葉裏・花序・果実に毛があることと葉の形(厚く、鋸歯が鈍い)とでケンポナシと区別されるが、同じように利用される。
シナケンポナシ Hovenia acerba

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 離弁花2』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、508-509頁。ISBN 4-635-07004-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]