ケンドール・ホルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンドール・ホルト
基本情報
通称 Rated R
階級 スーパーライト級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1981年6月4日(33歳)
出身地 ニュージャージー州パターソン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 28
KO勝ち 16
敗け 6
テンプレートを表示

ケンドール・ホルトKendall Holt、男性、1981年6月4日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーニュージャージー州パターソン出身。元WBO世界スーパーライト級王者。身長175cm。

来歴[編集]

2001年3月30日、プロデビュー。

2005年5月27日WBOインターコンチネンタルスーパーライト級王座決定戦でハイメ・ランヘル(コロンビアの旗 コロンビア)と対戦し、2-1の判定勝ちで王座を獲得した。

2006年11月3日NABO北米スーパーライト級王座決定戦でアイザック・ラツシュワヨ(南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国)と対戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。

2007年4月20日、WBO世界スーパーライト級王座挑戦者決定戦でマイク・アルノーティス(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、3-0の大差判定勝ち。

2007年9月1日、WBO世界スーパーライト級王者リカルド・トーレスコロンビアの旗 コロンビア)に挑戦するも、11回TKO負けで王座獲得ならず。

2008年7月5日、WBO世界スーパーライト級王者リカルド・トーレスと再戦。1回、開始直後に2度のダウンを奪われたが、偶然のバッティングでトーレスの動きが止まったところに右ストレートでダウンを奪い返すとレフェリーストップとなり、1回1分1秒KO勝ちで王座を獲得した。

2008年12月13日、ディミトリウス・ホプキンス(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、2-1の判定勝ちで初防衛に成功した。

2009年4月4日WBC世界スーパーライト級王者ティモシー・ブラッドリーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と王座統一戦で対戦し、0-3の判定負けで王座から陥落した。

2010年2月27日、カイザー・マブサ(南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国)とIBF世界スーパーライト級挑戦者決定戦を行い、6回終了TKO負け。

2011年5月13日カリフォルニア州サンタバーバラ郡サンタイネスのチュマッシュ・カジノで元IBF世界ライト級王者フリオ・ディアスメキシコの旗 メキシコ)とスーパーライト級10回戦を行い、3回TKO勝利でサバイバルマッチを制した[1]

2011年10月15日ダニー・ガルシアアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)とWBOインターコンチネンタルスーパーライト級王座決定戦とIBF並びにWBC世界スーパーライト級挑戦者決定戦を行い、1-2(113-115、2者が117-111)の判定負け。

2012年3月16日カリフォルニア州カバゾンモロンゴ・リゾート・カジノ&スパティム・コールマンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、2回2分23秒TKO勝ちを収め再起に成功した。

2013年5月4日ワシントンD.C.DCアーモリーIBF世界スーパーライト級王者ラモン・ピーターソンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、8回1分42秒TKO負けで王座奪取に失敗した[2]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ホルト、ディアスを一撃KO ボクシングニュース「Box-on!」2011年5月15日
  2. ^ ピーターソンTKOで1年2ヵ月ぶりのV1 ボクシングニュース「Box-on!」2013年2月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
リカルド・トーレス
第15代WBO世界スーパーライト級王者

2008年7月5日 - 2009年4月4日

次王者
ティモシー・ブラッドリー