ケンタッキー (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Kentucky (SSBN-737).jpg
艦歴
発注 1985年8月13日
起工 1987年12月18日
進水 1990年8月11日
就役 1991年7月13日
その後 就役中
母港 ワシントン州バンゴール
性能諸元
排水量 水上:16,765 トン
水中:18,750 トン
全長 170.69 m (560 ft)
全幅 12.8 m (42 ft)
喫水 11.5 m (38 ft)
最大速 20ノット以上 (37+ km/h)
潜行深度
機関 S8G reactor 1基
乗員 士官13名、兵員140名
兵装 21インチ魚雷発射管4門
Mk-48魚雷
トライデント II弾道ミサイル24発
モットー Thoroughbred Of The Fleet
737insig.png

ケンタッキー(USS Kentucky, SSBN-737)は、アメリカ海軍オハイオ級原子力潜水艦の12番艦。艦名はケンタッキー州に因んで命名された。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

ケンタッキーの建造は1985年8月13日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に発注され、1987年12月18日に起工した。1990年8月11日にキャロリン・ペネベーカー・ホプキンス(ラリー・J・ホプキンス上院議員の妻)によって命名、進水した。進水式ではシャンパンに代わってケンタッキー・バーボンを特注でブレンドした物が用いられた。1991年7月13日にブルー班のマイケル・G・リーゲル艦長およびゴールド班のジョセフ・ヘンリー艦長の指揮下就役した。

1998年3月19日、ニューヨーク州ロングアイランド南方でケンタッキーはサンフアン(USS San Juan, SSN-751)と衝突事故を起こす。ケンタッキーは方向舵を破損する。サンフアンは前部バラストタンクを破損したが、浮上し港に帰還した。この事故で負傷者は発生しなかった。2隻の潜水艦は当時統合訓練演習中であった。

2005年、ブルー、ゴールド両班の乗組員はアーニー・フレッチャーケンタッキー州知事によってケンタッキー・カーネルの称号が贈られた。

ケンタッキーは2006年に第17潜水艦隊の1隻として「Battle E」を受賞した。

歴代艦長[編集]

ブルー班
  1. マイケル・G・リーゲル (Michael G. Riegel) 大佐:1989年8月 - 1992年7月
  2. ロバート・D・リッシュ (Robert D. Rish) 大佐:1992年7月 - 1994年9月
  3. リチャード・R・スターク (Richard R. Stark) 大佐:1994年9月 - 1997年3月
  4. ロイ・H・ハーキンス (Roy H. Harkins) 中佐:1997年3月 - 1999年6月
  5. パトリック・S・サイデル (Patrick S. Seidel) 中佐:1999年6月 - 2001年2月
  6. ロナルド・W・マランピー (Ronald W. Malampy) 中佐:2001年2月 - 2004年3月
  7. ポール・A・スカープネス (Paul A. Skarpness) 中佐:2004年3月 - 2006年9月
  8. アラン・W・ホールト2世 (Alan W. Holt, II) 中佐:2006年9月 -
ゴールド班
  1. ジョセフ・G・ヘンリー (Joseph G. Henry) 大佐:1991年7月 - 1992年12月
  2. ウィリアム・W・シュミット (William W. Schmidt) 大佐:1992年12月 - 1994年6月
  3. ウィリアム・E・クック (William E. Cook) 大佐:1994年6月 - 1996年10月
  4. ティモシー・M・ガイアーディナ (Timothy M. Giardina) 中佐:1996年10月 - 1999年1月
  5. マイケル・W・マッキナン (Michael W. McKinnon) 中佐:1999年1月 - 2001年7月
  6. クリストファー・J・ケリー (Christopher J. Kelly) 中佐:2001年7月 - 2004年6月
  7. ジェフリー・S・コラン (Jeffrey S. Coran) 中佐:2004年6月 -

関連項目[編集]

外部リンク[編集]