ケンウッド (キッチン用品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケンウッド(Kenwood Manufacturing Co. Ltd.)は、ケネス・メイナード・ウッド(Kenneth Maynard Wood)によって、1936年に設立された。当時の社名はディクソン&ウッド(Dickson & Wood)であり、ラジオやテレビの販売・設置と修理を業務としていた。ケンウッドは、1950年に発売された調理器具、「ケンウッド・シェフ(Kenwood Chef)」によって知られる。日本や北米・中南米では事業展開していない。業務用厨房機器メーカーの愛工舎製作所埼玉県戸田市)が日本総代理店となっているが、業務用製品のごく一部のみの取り扱いにとどまっている。

同名の日本の音響機器メーカーとは全く関連がない。混同を避けるため、当社のロゴは「K」の斜線部が赤くなっている。一方、日本のケンウッドのロゴは「W」に赤い逆三角形が入っている。

1968年から1989年までのあいだ、ケンウッドは、ソーンEMI社の傘下にあった。1992年、マネジメント・バイアウトによって、ケンウッドは独立した。

2001年以降、ケンウッドは、イタリアの企業、デロンギ社の傘下にある。

外部リンク[編集]